« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/29

[ネット配信][M-1 2009]M-1お疲れ様スペシャル視聴 091220

昨日の徹子の部屋のタモリやっぱ面白いなー。
そんなわけでもう年末でありまして、M-1から1週間以上経ってしまいました。

M-1翌日は
・やじうまプラス(決勝舞台裏)
・思いっきりDON(ナイツ)
見逃しましたが、ワイドスクランブルのパンブーの生漫才は見れました。
ふわふわしすぎw
他にもいろいろ出てたと思うんですがチェックかなわず。

で、激しく今さらではありますが、M-1直後のオンラインの視聴メモを
残しとこうと思います。
ファイナリストの電話出演や生出演だけでなく、
M-1直後の芸人の心理状態や本音が聞けたという意味でも面白かったです。
なので簡易メモではありますが、一応全編にわたって。
ようつべで[お疲れ様スペシャル]で検索(笑い飯部分版[20091220 SPECIAL]で検索)、またはべおで[091220online]で検索
MC トータルテンボス(ボケ大村・ツッコミ藤田)
千鳥(大悟・ノブ)/POISON GIRL BAND(阿部・吉田)/
チーモンチョーチュウ(白井・菊地)/ゆったり感(中村・江崎)/
囲碁将棋(文田・根建)
電話出演: 笑い飯・哲夫/東京ダイナマイト・ハチミツ二郎/笑い飯・西田/南海キャンディーズ・山里/モンスターエンジン/NON STYLE・石田/パンクブーブー
飛び入り出演:笑い飯哲夫&南海キャンディーズ山里
ゲスト: サンドウィッチマン

<全体の流れ>

●オープニング・メンバー紹介

●敗者復活を振り返る
・順番 0:05
・敗者復活の様子
・NON STYLEが敗者復活 0:07
・それぞれの出来 0:08

●M-1順位確認 0:14
・笑い飯の1本目 0:16
・ハライチ 0:18
・ハリセンボン
・モンスターエンジン
・南海キャンディーズ 0:19
・パンクブーブーの1本目
・NON STYLEの1本目 0:21
・最終決戦 NON STYLEの2本目 0:22
・最終決戦 パンク~笑い飯 0:23

笑い飯・哲夫 電話出演 0:25

●合間トーク 0:33

パンクブーブー トーテルテンボスへのメッセージVTR(優勝直後撮影)0:35
・V明け

東京ダイナマイト・ハチミツ二郎 電話出演 0:39

●MOS-1 CUP紹介 0:44

笑い飯・西田 電話出演 0:46

●合間トーク2 0:55

南海キャンディーズ・山里 電話出演 0:57

モンスターエンジン 電話出演(大林、西森)1:00

NON STYLE石田 電話出演 1:05

●企画1:M-1あるある 1:09

●フカヒレ鍋を囲んでトーク 1:21
・芸歴確認 1:27

哲夫&山里 生出演 1:36

パンクブーブー 電話出演(佐藤、黒瀬)1:48

●企画2:M-1ガチクイズ 2:03
・賞品紹介

サンドウィッチマン登場 2:26
・2007を振り返る
・今日の出演までの流れ
・今日の結果
・M-1後の変化 2:30
・給料・家賃の変化 2:32
・トーテンの現在の家賃
・サンドの現在の家賃
・給料
・KOC 2009 2:36
・優勝した後に出場すること 2:37
・東京ダイナマイト
・M-1 2007決勝でのサンド 2:39
・M-1 2007決勝でのトーテン 2:42
・M-1 2007決勝の敗者復活芸人の反応 2:43
・M-1用のスタイル 2:44
・評判を聞く若手コンビ 2:46
・サンドに聞きたいこと 2:47
・優勝者とそれ以外 2:49
・決勝の最下位 2:50

●来年への意気込み 2:51
・囲碁将棋
・ゆったり感
・チーモン
・ポイズン
・千鳥
・来年のKOC

0:05
●敗者復活を振り返る
・順番
チーモンは4番目だった。
大村「だって抽選でしょ?アレ」
白井・菊地「抽選なしです」
ここで今年の敗者復活戦の順番が抽選でなかったことが芸人の口から。
確かYahooでの生中継のときはサバンナ高橋は明言してなかったはず。
おいおいおい。じゃあ、実際にそうしたかはともかくとして、
少なくとも今回の出順に関しては、何らかの作為が入り込む余地が
事実上あったってことっすね。
地上波で敗者復活を部分的にでも生で流すというのも、今回
抽選でなかった要因の一つでしょう。
いやー、改悪だなぁ。
・敗者復活の様子
客の数含め、いろんなデマが芸人のあいだで飛び交ったり。
アームストロングやロシアンモンキーがネタやってるとき馬を調教w
0:07
・NON STYLEが敗者復活
ノンスタ敗者復活。
大悟「結局クソやって」wwww
大村「お前酒のせいにしてるけど…」
大悟「いや全然飲んでないけど言うたらぁ、クソじゃって」w
藤田「今日ノブは大悟が行き過ぎたら止める係ね」
大村「何がクソなん?システム?」
菊地「掘り下げるんすか」w
大悟「いや、言うていいんなら言うよ」
ノブ「それはもう大村さん、聞かないで下さい。あの、馬糞が落ちてたって」w
ノブ「それはだってもう、みんなNON STYLEよかったよかったって言われへんやろ?」
負けたわけだから、心理的なくやしさが皆ある。
大村「結構でも例年は、敗者復活行ったらみんな一致団結してたよ」大村w
文田「今年はちょっと違いましたね」
阿部「俺はノンスタイル!ノンスタイル!って言ってましたよ」w
吉田「まぁだから、チャンピオンに行かれる悔しさがみんなあったんじゃないですか」
ノブ「悔しいだけですよそら」
0:08
・それぞれの出来
皆の敗者復活の出来はどうだったか。
菊地「ハッキリ、ウケてましたよ」
今田も10組くらいウケてたという情報が入ってると番組内で発言。
ゆったり感も去年はラフ・コントロール重岡のミニコントのせいで
噛んで失敗したが、今年はウケてたと。
囲碁将棋の根建家では毎年大掃除と敗者復活が被るが、
根建父は午前中に大掃除終わらせて敗者復活を見る。
その父から「歌上手かったね」てメール。
下馬評高かった囲碁将棋。根建は飲めないがビール持ったまま。
ノブ「ポイズンウケてたなあ」
吉田がハケたらとろサーモン久保田のオカマっぽいグーサインw
0:11
大阪の準決勝ではウケた千鳥。
ノブ「正直100パー受かったと、二人で浮かれてたんすよ」
ノブ「よかったなってネタ終わり二人で握手するくらいの」
マネージャーから電話なら不合格、非通知ならM-1事務局からで合格。
ケータイに非通知と出て喜んで取ったら、M-1事務局から「不合格です」。
大悟「で、朝方Hしたけどイカんかった」ww
ノブ「敗者復活はまぁ、普通でした」
阿部「今日ゾウの掃除したんじゃないの?」
ノブ「あれ面白いって言うのお前だけやって」w
他にウケてたのは、とろサ、U字工事、ハマカーン、磁石、ロシモン。
M-12006で前説したロシモンは完全優勝したチュートよりウケてたと。
その後のトップだったポイズンはロシモンに負けるw

0:14
●M-1順位確認
笑い飯の1本目途中まで観れたトーテン。
ノブ「じゃあいっちばんその後観たかった…」
大村「知らねーよカラオケなんてと思いながら」w
藤田「やめなさいよ」
ノブ「大事な仕事、登竜門的仕事」w
顔色を心配される根建。
ノブ「これだけは言っときますけど、俺らギリギリでやってますからね(笑)」
大悟「ほんまに普通に、知らん人とか殴りそう」w
阿部「まだ全然だったら諦めつくけどなあ、諦めつかねえからな(笑)」
ノブ「この日のためにやってきて負けて、よく笑えてるほうです」
0:16
・笑い飯の1本目
トーテンは収録の合間、山崎邦正から、紳助が笑い飯に
100点入れた情報をもらう。
藤田が「100点!?清水ミチコじゃねえかよ」つったらミチコがその場にw
ノブ「ほんま笑い飯、トロフィー手ぇ届いてましたよ」
笑い飯、トロフィー触ってたのに投げたwww
ラストと言われてるけどよくわからない笑い飯。
結成年のルールが改定。
0:18
・ハライチ
ハライチも後半まくって結構よかった。
阿部「スウェットで頑張ってましたよ」
阿部「俺の白T以来の破天荒ぶりでしたよ」w
今回スーツだったポイズン。
阿部「いや、もう30なんで」
・ハリセンボン
ハリセンボンは春菜が緊張してた。
・モンスターエンジン
吉田「モンスターエンジンが審査員の方にガラが悪いなって」
0:19
・南海キャンディーズ
文田「僕意外と、南海さんが順位低いなって。めちゃめちゃウケてたのに」
東京準決勝では大ウケ。
敗者復活会場では南海の点数の低さに客から「エー!?」
ノブ「しゃべくり(ナイツ)の後やから、コントチックな…みたいなこと言われてた」
・パンクブーブーの1本目
ノブ「大・笑い飯ムードの中、すごかったと思いますよ」
0:21
・NON STYLEの1本目
大村「で、NON STYLEは?」
ノンスタではみんな口ごもるw
大村「なんか言えよお前らぁ!」w
ノブ「白井がちゃんと言いますから」白井ご指名w
白井「ああ、はい」w「ウケてました」
・パンクブーブーの1本目・補足
パンクは1本目、最後の「バカバカッ」を言わずに、変な間が開いて終わってた。
ネタ合わせの段階でやめるって話が出たが
習性で出てしまったんじゃないかと推測。
0:22
・最終決戦 NON STYLEの2本目
ファイナル。
藤田「最初NON STYLEやって、まあまあ?」
みんな微妙に無言w
大村「なんで空気止まるんだよNON STYLEん時にぃ!」
白井代表して叩かれるw
大村「お前ホントに勘違いされるぞ!?」w
藤田「敗者復活からで、くやしいからな」フォロー。
ノブ「悔しいから、大万歳できへんっていう」
大悟「早いだけ、早いだけ」ちょwww
0:23
・最終決戦 パンク~笑い飯
最終決戦まで全部観れたのはノブだけ。芸人みんなで見てた。
ノブ「パンクさんもめっちゃドーンて来てて、東京の方々も
パンクさんの苦労…お前大丈夫か?(笑)」
根建「何がすか」w
また心配される根建。
根建「こんなビール飲むの初めてなんですけど、うめぇっすわビール」
笑い飯のときは芸人がめちゃくちゃ笑ってて、
スタジオの客の笑い声が聞こえなかった。
ノブ「笑い飯ー、大爆笑、大優勝って思ったら全員パンブーさんで、
エーってなったんすよ(笑)」
テレビ観てたむっちゃん(嫁)や品川に電話したら、
ノブ「うん、2本目はパンクブーブーだったよって」
なお、むっちゃんは
ノブ「ノンスタのときは涙が出たって。その真相は知りません」w

0:25
●笑い飯・哲夫 電話出演
哲夫「あのー、はよ怒ってや」w
哲夫「お前(藤田)去年、2時間かけて…ケンカちゃうがな、
俺が一方的にお前に怒られとってんから。俺が泣かされてんからお前に」
大村「笑い飯さん、どういうことですかこの結果は」
哲夫「結果は結果やないかい」ww
大悟「終わったあと正直どうでした?」
哲夫「終わったあとはね、いつも通り密着のカメラに向かって、ボケてました」
藤田「そこはまだ冷静だったんですね」
哲夫「いやそれは冷静じゃなかったけどプロ意識でやりました」
藤田「真面目かおい(笑)」
大村「2本目終わったとき、どうだったんですか?行ったと思ったんですか、それとも負けたと思ったんですか」
哲夫「2本目終わったときは、ただただ、全国区でチンポジって言えてうれしかってん」wwww
大村「だって何年か前からチンポジ2本目でやりたいって言ってましたもんね」
哲夫「あのなぁ、鳥人も俺が考えた名前やし、チンポジもやし」w
---
哲夫「さっきもなんか紳助さんがなぁ、西田の方にしか喋らへんねや」ww
哲夫「鳥人とかチンポジとか、ぜんっぶ俺が考えてるから。おもろい設定全部俺が考えてるから。世間の哲夫への注目度低すぎるやろ!!」w
哲夫「アメトーーク出せ!」w
哲夫「紳助さんと今田さんが全然こっち向いてくれへんやんか」w
西田は、「いま紳助さんの話一生懸命うなずいてるよ」w
打ち上げ会場から抜け出してきた哲夫。
---
ノブ「ノブですけど」
哲夫「いま千鳥の声とか聞いたら泣いてまうわ~」
ノブ「(やさしい声で)よかったですよ」w
大村「泣かすな泣かすなお前は」
哲夫「ほんまにもう、千鳥には約束してたやろ、ほんまに優勝して…」
哲夫、やや涙声?
大悟「(小声)ちょっとええシーンになってくるやん」
哲夫「千鳥が敗者復活から上がらなかった場合は、もうそろそろ
笑い飯が優勝せんかったら許さんからな、みたいなね」
ノブ「言いましたねこの前」
大悟「ただ、ネタおもろかったですよ」
哲夫「言うてもうてて…でも100点とったから許して」
拍手。
大村「逆にね、100点とって最終決戦でチンポジやるみたいな、
そういうスタイルが笑い飯じゃないですか」
哲夫「でも優勝せんかったら意味ないやろ!」w
藤田「今年は哲夫さん、褒めますよ」
哲夫「ほんまに?あ、それやったら会おうぜ」w
哲夫「そこめっちゃ行きたいわぁ、めっちゃ行きたい」
この後も二次会がある。
---
なぜかすげー笑ってる哲夫w
視聴者からのメッセージ。
哲夫「はい、鳥人は僕が考えました」w
---
0:32
電話切る。
藤田「これでもちょっと、千鳥と話してるときウルっと」
大村「やっぱ長年な、千鳥笑い飯麒麟ダイアンとかあの辺は」
藤田「千鳥なんか笑い飯とずーっとだろ?インディーズの頃から」
大悟「今年大阪少なかったからね。笑い飯それにもちょっと、
ふざけんなみたいな」
ノブ「大阪の逆襲というのをやろうと約束してんですよ」

0:33
●合間トーク
昔はナイフと呼ばれてたノブw
大村「いまめちゃくちゃ鈍器だぞ」
阿部「漬物石みてーな顔してるのに」w
---
パンクの決勝進出発表のとき東京会場の芸人はすげー盛り上がって、
みんな泣いてた。
発表のときのカメラマンは結果知ってるのか?
阿部「俺いつかカメラマンに変装して入り込もうかな。全然の奴映してさ」www
菊地「それイタズラの域超えてますよ」

0:35
●パンクブーブー トーテルテンボスへのメッセージVTR(優勝直後撮影)
パンブーとトーテンは同期。
前日の単独ライブで、応援の手紙をくれたトーテン。
黒瀬「まだ顔みたら泣いちゃいそうだから、1ヶ月会わないでおきましょう」
最後のスタッフへの会釈w
・V明け
黒瀬はトーテンと同い年で同期、佐藤はちょっと芸歴上だが同期の感じで。
2007のとき、大村は敗者復活からサンドかパンブーが来たらイヤだと。
大村「言いながらも、来るわけがないだろうと思ってるから。
まず人気者が来ると思ってるから」
みたび根建が心配される。
根建「違うんすよ話聞きたいんすよ俺!」

0:39
●東京ダイナマイト・ハチミツ二郎 電話出演
二郎「世界6位の」
---
大村「持ち味は完璧に発揮してましたね」
二郎「まぁね、俺たちがわらかしたい人は笑かせられたとは思うよ」
---
二郎「うーんまあ、今回はとりあえず返り咲いたことが大きな一歩として」
チュートが2005で返り咲いたように、その次の年に。
---
大悟「なんで今日刀持ってかなかったんすか?」
二郎「事前打ち合わせで禁止になりました」w
---
吉田「二郎さんお疲れ様でした、吉田です」
二郎「(敗者復活)ウケてたじゃん」
吉田「行きたかったんですけどね、そっちに」
二郎「…そうね」
吉田「素っ気ないな!」w
---
根建も二郎に一言。顔色やべえw
二郎「あれだろ、アムロちゃんになっちゃう奴だろ?見てたよ」
根建「今度、ぜひ劇場でお会いしたら仲良くしてください」
二郎「俺あの全部見てるから。劇場でも」
---
打ち上げで紳助の挨拶が終わるので電話終了。
東京ダイナマイトはあと何回も出れる。
松田はトーテンにとって先輩だが「松田君」扱いw

0:44
●MOS-1 CUP紹介

0:46
●笑い飯・西田 電話出演
大村「ちょっと、どうだったんですか?」
西田「優勝したあ?」w
大村「いや、してないですよ」
西田「してないの?またしてないの?」w
大村「だって、チンポジやったんでしょ?」
西田「やったやった(笑)」
藤田「だからいけない」
西田「100点とれる子やのに」w
---
大村「さっき哲夫さんが、チンポジも鳥人も全部哲夫さんが考えたって
いってましたけどホントですか?」
西田「いや全然?」w哲夫嘘つきw
哲夫の嫉妬に関して。
西田「それはでも、自分が悪いんじゃないの?」w
大村「何が悪いんだろうな哲夫さん」
西田「なんやろなぁ、…よくわからないことを言う」w
---
笑い飯はラストイヤー?
西田「出れんのは来年も出れんねん」
逆算していくと今年がラストということだが、
西田「結成が月単位でもいいよってなったから、7月結成やから、
来年も出れるっちゃ出れるらしい」
今までは年単位だったのが月単位に。
もちろん来年も出る。
西田「来年なあ、再来年も…。毎回出たいねん」w
---
ノブ「ノブです」
西田「ウソつけ!」w
ノブ「西田さん」
西田「だれぇ?ノブはそんなんやないよ!」
藤田「ノブの証拠見せて!」
ノブ「ノブの証拠!…ノブの証拠ってなんなん!?」w
西田「ノブやノブや!」w
ノブ嫁のむっちゃんは笑い飯が一番面白かったと。
ノブ「あともう、横の大悟の足が臭すぎるっていう」www
大悟の足をにおうノブw足洗ってくる大悟w
---
100点もらった気分は?
西田「あれだけいい点数つくと、2本目がチンポジなんで、
ヤバいヤバいと思って」
藤田「思てたんと違うじゃなくて、思ってた通り」w
西田「イチかバチかでやったんやけど」
チンポジ以外の2本目は?
西田「いや、いろいろあったよ」
西田「だから、1枚目のテストに100点とって、
2枚目のテストにうんこが乗ってた」www
大村「マジでらしさ満開」
西田「でも、ほんまに優勝する気でやったんよ」
---
来年も千鳥・笑い飯出れる。
ラストの紳助の言葉はどうするのか?
西田「出るねん」w
西田「あとエンディングやし、紳助さんやし、
ちょっと違うんですよって言いにくかってん」
---
西田「ちょっと言っていい?あのねえ、千鳥もものすごく面白いネタ
やってたんよ。だから残念やなって思いますわ」
千鳥の準決勝のネタはすごくウケてた。
ノブ「笑い飯二人とも俺らを泣かそうとしてくれてる(笑)
胸がいっぱいで喋れないんですけど(笑)」
---
電話終了。
足洗ってきた大悟。なんでさっきいないんだよw 再びにおうw
ファブリーズをスタッフから支給されるw
藤田「もう足焼いてきて」w
ノブ「焼き消毒せぇ焼き消毒を」

0:55
●合間トーク2
千鳥と同期のはずのポイズンも来年出れる?
雑誌では、今年のラストイヤーは西のダイアン、東のポイズンとして
取り上げられてる。
ダイアンだと2000年4月結成。4月までだからラスト。
吉田「今日も密着の人に来年出れますよって言われたんだけど、
来年出ませんって言ったほうが敗者復活通してくれると思って」w

0:57
●南海キャンディーズ・山里 電話出演

大村「結果はさぁ、順位の方はふるわなかったけど、
今いるこのメンバーでは南海がやたらと点数低かったな、みたいな」
山里「まぁ、うれしい…。そういう人に出会いたかったタイミングです今」
---
大悟「ザト、300万くらい貸してくれ」w
藤田「足のにおいの手術」w
ノブ「いや、めっちゃ面白かったよ」
大悟「テレビ観てる人は笑てると思うよ絶対」
山里「うわぁもう、…飲みたいっ」
ノブ「全っ然8位じゃなかったマジで。
敗者復活の芸人も会場のお客さんも全員エーって言うてたわ」
山里「わーありがとうございます」
ノブ「まぁ、決勝行けてない俺らが言うのもなんやけど(笑)」w
山里「いやいや面白いって聞いてますよ。蒸しあなご」
---
敗者復活には千鳥が来ると会見で言った山里。
山里「はいもう、そこ以外はわかんないです」
大村「ああ、なんで千鳥が来ないのかがわからないと」
大悟「とりあえず石田と井上シバいとくがよ」w
ノブ「何で行けんかったっていうとな、普通ウケやってん(笑)」w
ノブ「また来年一緒やろや」
---
視聴者からメッセージ。
藤田「ただ単に気持ち悪いだけの男だと思ってた人が、見直したって」
山里「あ、結構もうそこら辺払拭されたと思ってたんですけど、まだ…」w
しかしホントに世間の山里イメージってなあw

1:00
●モンスターエンジン・大林 電話出演
喋りたいと言ってたモンエンに代わる。
藤田「俺ら見れなかったんだけど、どうだった?」
大林「今日ねえ、7位です」
ガラが悪いネタなのにガラが悪すぎたと言われた。
大村「ああ、カウス師匠だったんだ(笑)」
大林「いやーでも残念賞でしたね」
---
大悟「去年7位で、今年7位?ええ感じやんけ」w千鳥悪い笑顔w
藤田「おいでおいでじゃねえ(笑)千鳥ポイズンワールドになってる」w
ノブ「じゃ、パッといま想像した感じ、来年ドーンと
ブレイクはあんまないって感じかなぁ」w
大林「うーん、まぁなんとも言えないですけど(笑)」
ノブ「多分ないと思うわ。よっしゃ!!よっしゃ耐えたぁ!!
関西でのロケの位置耐えたぁ!」w

1:02
●モンスターエンジン・西森 電話出演
西森に代わる。順位を確認するとやや暗い声。
大村「なんなんだろなモンスターエンジンって、簡単に
決勝には何回でも行くけど、決勝で振るわないみたいな」
西森「うるさぁい!!」w
---
ノブ「ネタがめっちゃ面白かったしあれで7位ってなってなぁ、
フツーの感じになったけど。そのあと今田さんとこの絡みが、
めっちゃフツーやったわ」w
西森「やかましい!!」w
ノブ「俺らとお前ら似てる似てる」
大悟「はよもうbaseも卒業してしまいなさぁい」w
関西の現役挑戦組のこういうイジリ方やっぱいいっすねw
---
西森「あんまりウケてへんから、点数が悪いのがもうわかってる時点で、
だいぶイヤなんですよあそこ立つの」
モンスターエンジンは結成2年目扱いになるので、
前人未到の10連続出場も可能。
西森「38歳まで僕出れます」w
西森「いやでも、地獄のループに入りました」
結構リアルに気落ちしてる感じですね。点数のところでも
西森ちょっと涙目だったもんなぁ。
---
視聴者メッセージ。
大村「フルモデルチェンジって何?」
西森「いや、でもそんなにフルモデルチェンジっていうほどでもなかった、
マイナーチェンジってぐらいです」
---
藤田「まだまだ行けるんだからさぁ、8年も」
西森「38歳まで4分にギュンギュンに詰めたネタやりたくないです」w
ノブ「大丈夫、ヘッドライトがやってるから」
西森「……もういいですか?」w
大村「もういいですかって何だよ早く切りてぇみたいな(笑)」
---
近くにノンスタ石田。

1:05
●NON STYLE・石田 電話出演
石田に代わる。
大村「まずは敗者復活から行ってね、すごかったよねそれは」
石田「いやーありがとうございます、まさか行けるとは」
大村「そっち(決勝会場)ではどうだったの空気は?」
石田「僕らが行った頃には、笑い飯がすごいという空気になってましたね。
僕らがノってるなぁみたいのはなかったですね」
藤田「例年通り、いろんな空気がうずまいてんだね」
石田「ほんま誰かの一言で全然変わるみたいな」
---
2006のフットの話を出す大村。
石田「正直、パンクさんがネタやってる瞬間に、あ、負けたなって思いましたね」
---
大村「敗者復活組でお前らに負けた奴がいっぱいいるんだけど、
結構お前らに対してすごい風当たり強いぞ」www
大悟「ひとつだけ。来年お前ら出るの?」
石田「来年は出ないですね。出れるか出れないか微妙なんですけど、
たぶん出ない方向になると思います」
大悟「その方向でお願いします」w
ノブ「一枠あけてちょうだい」
千鳥は来年ラスト。
石田「まだもがくんすか?」w
---
石田「井上はもう帰ったんすよ」どゆことw
石田「なんか肌のお手入れがあるって」
---
大悟から再び悪臭w
ノブ「くさっ!うんこした、うんこもらした」w
わちゃわちゃの中電話終了、大悟も無理やり退場。
菊地「なんであんな自慢げに立ってんだよあの人(笑)」
ノブ「あいつ体臭くさかったこと一回もないんすよ。
今日相当悔しかった(笑)」

1:09
●M-1あるある
・ノブ「中澤さん黒すぎ」w
・吉田「1,2回戦で落ちた芸人が、3回戦くらいから情報屋になる」w
・文田「コンビ名が面白すぎるコンビはだいたい1回戦落ち」w
・白井「2回戦ではよく笑うおじさんがいる」w
---
・中村「スベってたコンビに俺らウケてた?て聞かれると気まずい」
吉田「今年僕、2回戦でLLRがあんまウケてなくてどうでしたって聞かれて、
笑いの量じゃないと思うっつって」w
大村「LLR、M-1に弱いよな。あいつ面白ぇのに」
中村と文田(上の回答)、具体例用意しとけよー。
---
・中村「トイレの個室から出てくる人みんな涙目」w
・ノブ「流れ星のツッコミの髪型がキマリすぎてる」皆から同意www
・大悟「(はりけ~んず)新井さんの顔が芸人としては怖すぎる」w
---
・根建「楽屋のスタッフぽい人みんな審査員と思って深く挨拶する」w
・阿部「根建の親父、準決のチケットネットオークションで落とす」
準決チケット1万5千で購入w
---
・吉田「9月くらいから若手のあいだでスーツ屋の情報が飛び交う」w
---
両手にモスチキンを与えられる根建。
文田「やったー!売れたー!!」これ結構いつも使ってるよなw

1:21
●フカヒレ鍋を囲んでトーク
高級フカヒレ鍋を用意。
鍋のにおいにも勝る大悟のにおいw
大悟「じゃあ風呂用意せぇや風呂!」
また大悟の足をにおうノブ。ちょっとマシになったよう。
ノブ「いや、ファブリーズの力すごい」
皆が自分の足のにおい嗅ぐ画w
大村「オイどんな画だコレ」
大悟の上半身もにおうノブ。
ノブ「くさぁ!」
文田と根建も嗅ぎにいく。
根建「うわマジでくせぇ!」
全身にファブる大悟w
阿部「ファブリーズで行水してこいよ」w
ノブ「ほんまに今日M-1あったっけ?」w
阿部「いやでもこういう会あってよかったっすよね」
---
ノブ「ほんま何か、年末のADみたいなニオイしてるで」ww
大悟「どんだけ言うねん!」
---
1:27
・芸歴確認
ポイズンは来年も出るのか?
吉田「出ても出なくてもいいすけど、万が一出たときにみんな
ヤイヤイ言わないでって」
大村「俺らも、ノンスタが優勝した年に出れたはずなんだよ」
ノブ「とりあえずもう、みんなも出てみよう、ゆっくり」w
大村「こっそりエントリーしてみようか」
阿部「何年目まで出れるのかやってみようよ」
藤田「来年エントリーしてみようかな」
ノブ「それはおかしいでしょ」
藤田「バレるかな?」バレるわw
チーモンも微妙。東京NSC6期、5月結成。あと2回行ける可能性がある。
2003年にチャンピオンズというコンビ名で出された。出オチでなく出スベリ。
マネージャーのノリで罰ゲームとかw
コンビ名変えたからあと3回?
藤田「ザ・パンチなんてゴリゴリの同期なのにな」
---
囲碁将棋とゆったり感は9期で同期。あと5回くらい。
藤田「下手したら今後のM-1を支えていくかもしれない」
大村「大阪では銀シャリあたりが」
藤田「支えてきたもんなぁ俺らなぁ、M-1をな」
千鳥、トーテン、ポイズン。
大悟「でもまだ優勝出てないっすねそっから」
藤田「支え組からな」
---
ノブ「囲碁将棋とゆったり感は、ほんま聞くよ。近年ずっと大阪でも」
大村「大阪からどんどん東京に来るだろ、最近。どうよその大阪としては」
ノブ「僕らからしたら、準決勝のライバルが減るという意味では
してやったりですけど。なんか結果、今回も東京から7、大阪2
…って言われるのはくやしいっすけどね」
大村「そうなるよでもだって。どんどん来るからさ」
藤田「東高西低だよな」
ノブ「だから一緒にしてほしいすよ準決勝」
大阪と東京では会場の客数が違う。大阪900人、東京2000人のハコ。
ノブ「なんか名古屋あたりで」
藤田「でも、俺らのとき逆だったよな。大阪の方が多かったから、
大阪の方が通りやすいってイメージがあったけどな。
会場変わってないわけじゃん。
単純に駒が少なくなってるのかもしんないし」
---
藤田「決勝の会場が東京ってのは若干関西弁はどっか不利かもしんないね」
ノブ「あと敗者復活がね」
阿部も同意。
千鳥は準決勝で大ウケだったネタが、敗者復活でかけたらフツーウケ。
---
1:33
・鍋完成~グルメレポート
フカヒレ鍋が出来上がる。給仕する藤田。
藤田「俺お母さんかオイ!」w
食べてのコメント。
文田「正直これダメっすね」
一同「ええ?」
文田「こんなの食ったら他のもん食べれなくなります」ひねくれた褒め方w
ノブ「いけいけみんな感想感想」
江崎「うわ~、やさしいっすねこれ」
大村「何が?」
ノブ「ダメだありゃダメだ」w
ノブ「そんなんで旨味が伝わるわけないやろ」
フカヒレでなく白菜をいきそうになるノブw
ノブ「海かここ!?溺れる溺れる!あ、本社か」w
大村「コテコテすぎるわ」
---
大悟もレポートする流れ。
大悟「年間200本からロケ行ってますからね」

1:36
●笑い飯・哲夫&南海キャンディーズ・山里 生出演
大悟がちょうど食べるタイミングで哲夫、山里が登場w
おみやげのM-1台本。テンション上がる若手。
打ち上げあるので5分間だけの滞在。
---
大村「チンポジも鳥人も哲夫さん考えてねェって西田さん言ってましたよ」
なおも哲夫反論、せんとくんから鳥人ができたと。
大悟「天才の意見すぎてわからん」w
大村「設定は哲夫さんが考えて、中身はそれぞれのボケは
それぞれで考えて?」
哲夫「まぁ西田の方が抜群におもろいボケするけどな」w
---
哲夫「(ポイズンに)森進一のネタどっちが考えたん?」
吉田「あれマジで、5分で作ったネタです」w
哲夫は敗者復活からポイズンが上がってきて森進一のネタをしたら、
まるかぶりになるのでウケが弱くなるかなとか考えていた。
哲夫「いや、でも全然そんなこともないよなって考えながらで。
…だって下手なモノマネしてるだけのネタやろ(笑)」
つかもうポイズンのあのネタはモノマネですらないw
でも個人的には、見れた中での敗者復活では1番目くらいに笑いましたね。
2番目は驚きも含めてスリムクラブかな。
---
大村「1本目すごかったんじゃないですか?」
大悟「優勝したと思うたでしょ?」
哲夫「だからあんときは、誰に約束してたんをお返しして、
とかいろいろ考えてたよ」
本気で獲るつもりだったんだなぁ。
---
事前番組でテンダラーの名前出したのは、マイケルジャクソンの踊りを
テンダラー浜本から教えてもらったから。
大悟「すごい技術で音切ってたで」w
---
山里は記者会見で、
「いや本当にね、大阪の千鳥さんが来れなかったっていうのがすごく残念です。
絶対、敗者復活では千鳥さんが来ると思うんで、そこがライバルです」
真面目に語るw
ノブ「またアツいこと言うてるだけ(笑)」
大村「真面目すぎるぞ二人、義理堅すぎる」
スタッフはもっと上戸彩ちゃんがどうとか言ってくださいよみたいなw
---
笑い飯の出来。
藤田「ぶっちゃけ100点とったって聞いたときに、これは来年
サーフィン行きづらくなるぞって思ってたんすよ。休みもなくなるし」
早速明日、西田のみの仕事でOFFの哲夫w
---
山里「しずちゃんはもう、ヘコんでましたね結構」
山里「申し訳ない、みたいこと言って。そんなことないんですけどね」
大村「決勝決まったとき泣いてたもんね、しずちゃんね」
山里「今回結構思い入れあったみたいで、私は周りから
芸人さんじゃないみたいになってるけど、やっぱり私は芸人なんです
って言いたかったんですって。いい成績で。それで泣いてたんです」
しずちゃんアツいな。
哲夫「そこまでヘコまんでいいと思たんやけど、乳までヘコんどったわ」
山里「おとうさん」w
マイケルジャクソンの後の乳揉みw
大悟「いやもう羨ましいだけ!!」w
大村「全てがな、決勝行けたからな」
---
今年は決勝会場では敗者復活戦が観れなかった。
噂で名前が出てきたのは、
哲夫「流れ星、ポイズン、そして千鳥が不調やったって」w
---
いまは局での軽い打ち上げが終わって、本格的な打ち上げ会場に
向かう途中で立ち寄り。
山里「(哲夫が)どうしても行こうって言って。やっぱみんなに会いたいっつって」
---
哲夫は紳助の総評をこれの電話出演のために聞いてないw
山里「むちゃくちゃ褒められてましたね。カッコイイと、
笑い飯めちゃくちゃカッコイイと」
哲夫「紳助さんはホントにあのー、感動して
泣きそうになったとかいうぐらいことを。松本さんと二人で」
哲夫「ホントにありがたかったですねぇ」
100点もらって、嬉しいのが第一に来るが、その後に
哲夫「清水ミチコさんの点数ですやんっていうのが
その次に浮かんだんですけど、絶対言うたあかんって」ww
大村「よく抑えましたね~!」
藤田「成長したね~」後輩に褒められるw
哲夫「8年前の自分だったら絶対言うてたから」
哲夫「8年とかも考慮してくれはったんやと思うんですけど。
こっちこそ泣きそうになって」
---
大悟「変な気分でしょうね、ウケたわ優勝はしてないわ、100点もろてるわ」
ノブ「もうムチャクチャやったでしょうね、2時間内の気持ちの上下が」
哲夫「テトリス5段目くらいまでバッチリ、あと細長いやつ入れるだけ
みたいな感じになってるのに、あとちょっとたとえ任すわ」w
そろそろ時間オーバー。
山里「哲夫さん浮かれすぎたせいか、僕ほとんど喋ってない!」
ノブ「(山里の肩持って)4、5年間が凝縮して出てた、ツッコミに。
言い方、間、言葉のチョイス」
ここで哲夫、山里退席。

1:48
●パンクブーブー 電話出演
佐藤「どーも!チャンピオンといいます」
佐藤「オム(大村)?手紙くれたでしょ?ありがとう、あれ感動した。
でも実力で獲れた」w
大村「そりゃそうだけど(笑)」
---
大村「泣かなかったって聞いたけど、純ちゃんが」
佐藤「そうなんだよ!ビックリしたよ。決勝決まった瞬間にさ、
あんだけボロボロ泣いてたのにさ、優勝したら少しも泣かねんだよ」
大村「なんで?(笑)」
---
黒瀬に代わる。
黒瀬「イェーイイェイイェイ」
藤田「やったぜオイ!やったなぁ」
大村「どんな気分なの?」
黒瀬「けどやっぱ5時6時カップ優勝した方がうれしかった」w
黒瀬「あのね、まだね、実感がないんだって」
黒瀬「いや俺絶対さぁ、笑い飯さんと思ったから。最初の2枚が俺たちになって、
そっからは全部笑い飯で1位なんだろうねって、構えて待ってたの。
おめでとうって言うのを。全然ならないから、
びっくりして一個も涙でなくてさ、わっけわかんなくて、
俺まだ訳わかってないんだもん」
---
藤田「優勝したんだぜ純ちゃん」
黒瀬「そうよー、藤田君ちょっと飲みたいねえ」
大村「これでマネージャーついて、仕事バンバンじゃない?」
黒瀬「バンのバン?バンのバンいっちゃう?」
藤田「お前ホントに優勝したのか?」w
黒瀬「いやもう俺こんなもんよ?やっぱ俺面白くないわ」w
---
大村「ネタの出来はどうだったの?」
黒瀬「笑い飯さんが100点獲って、もうないなって思ったの。
確実に向こうに勢いあるから。だって俺ら大舞台に弱いじゃん。
すぐ緊張するから」
藤田「弱い、正直めちゃめちゃ弱い」
黒瀬「いや言いすぎやろ。チャンピオンツッコミ、イェ」w
藤田「純ちゃんそれいらないよ(笑)」
黒瀬「あ、いらないね、そうだと思う面白くないの」w
黒瀬「だからもう無理だろうなと思って、じゃあもういつも通りやろうよ、
て言って、いつも通りやっただけ。でもう変な緊張感がなくなったの」
大村「皮肉だよね、笑い飯さんが100獲ったばっかりに、これもし
笑い飯さんがコケてたら、俺らチャンスあるんじゃねーかみたいな感じで」
黒瀬「ってなってたら、そうもう無理」
---
華大、河本にもまだ伝えてない。
ノブ「俺、品川さんからすぐ電話かかってきて、ほら見ろ言っただろ、
パンブーだろって。俺が怒られましたよ品川さんに」
藤田「みんなパンクの優勝を信じてた人が多いらしいよ」
大村「だってルミネ芸人では初めてでしょ?」
東京吉本初か。
大村「どうよ、初めての人だよ?」
黒瀬「いや~うれしいよ、とりあえず会いたいよね」
吉田「女か!」w
黒瀬「においを嗅ぎたい」w
---
ポイズンからも祝福の言葉。
吉田「敗者復活の東京の若手みんな喜んでました」
吉田「なにか知んないですけどトレンディエンジェルが
ものすごい喜んでましたけど」w
ゆったり感。中村無視w
チーモン。菊地とそれほど絡みないのに大親友呼ばわりする黒瀬。
黒瀬「お前の人気にすがろうとしてんだから」
菊地「いやいや、これから絶対すごい人気出るでしょパンクブーブー」
黒瀬「全然、俺らが人気出るわけないのよ」
黒瀬「いやもう知ってんだもん、俺知ってんだから」w
藤田「どんだけ傷ついてきたんだよこの10年」w
囲碁将棋。ずっと月1でイベントやってたのに反応薄い。
文田「昨日とっておきののど飴教えてあげたじゃないですか」
黒瀬「あぁ、ありがとうございます」
千鳥。
---
視聴者メッセージを読上げると、
黒瀬「イェーイ!」w
ノブ「一回、寝させてあげた方が(笑)」w
黒瀬「大村君、ごめんちょっと、今から現場に行かせてもらっていい?
俺ちょっともう、こんだけスベるの耐えられない」w
大村「歴代チャンピオンいるけど、一番ハネないチャンプだと思うよこれは。
でもそれがパンクらしさというかね」
吉田「一番愛敬がある」
---
黒瀬「オートバックスの人も、CMの話になったら何かすごい首ひねってた」www
黒瀬「あのコンビ名と顔はどうするよって」w
---
終了。
大悟「ちょっとこの1年は気ぃ引き締めたほうがよさそうっすね(笑)」
ノブ「ちょっと浮かれてはったな~」
藤田「浮かれてたなぁ」
ノブ「でも同時にプレッシャー来るでしょうね」
大村「いやホントに信じられてないんだろうな、まだ。マジで」
オートバックスのCMの件ですんなり厚遇されないのもパンブーらしいと大村。

2:03
●M-1ガチクイズ
・賞品紹介
大喜利ではなくガチクイズ。
再びノブと藤田が臭いとざわざわw
大悟「ウンコをハケで塗ったみたいな」w
ノブが席替え要望。阿部が隣に。
阿部「お前これ(ファブ)ボトルごといくよ?」

Q1.過去の敗者復活者は?
根建「もちろん、千鳥さん」
大村「おお、よく一番ショボかった敗者復活…」
ノブ「オイ!誰が尻すぼみ敗者や」w
文田「チャブルさん、アンタッチャブル」
スピワ、千鳥、チャブル、麒麟、ライセンス、オードリー、サンド、
あと1が出ない。
大村「お前マジでわかってないの?」
今日の分も含まれるのでNON STYLE。
鼻つまむ藤田w
大悟「オイもう帰る!ワシ帰る!」w
大悟の足をアシスタントに嗅がせるw
大悟が動くと悪臭がw

Q2.他事務所で決勝進出した15組は?
スピワ、おぎや、タイマ、U字工事、ますおか、…
文田「テツトモ、テツトモ」
大村「視聴者か」
テツトモ、チャブル、ハライチ、ナイツ、オードリー、ザブングル、
アメザリ、サンド、…
阿部「赤坂康彦!」初代2001の司会w
2006に出てたのも他事務所扱い。
吉田「他事務所?他事務所扱いになるんですか?絶対言いたくないです」w
最後は変ホ長調。
阿部「変ホ長調って今も出てるの?」
大悟「でも確か、モノマネしてたで。五木ひろしの」
吉田「ネタまでかぶった(笑)」w
大悟「森進一とかやってた。あっちのが似てたからおもんなかったけど」

Q3.吉本で2回以上決勝進出した15組と、その進出回数
笑い飯8回、チュート3回、…
阿部「うちの水槽のにおいがする…」wウーパールーパーの水槽のにおいw
ダイアン2回、ハリガネ2回、…
大村「ネプリーグだったらすごい喜ばれる答え」
南キャン3回、ハリセン2回、…
大悟「りあるキッズで12回」w
モンエン2回、トータル3回、ポイズン3回、千鳥4回、…
阿部「あれだあれ、象…じゃなくて麒麟」根建ウケすぎw
麒麟5回、フット4回、キンコン3回、…
ここの後ろで阿部がおそらく大悟の足臭に笑ってて
大悟「お前ほんま殴るからな」w再びファブるw
あと1枠。
大村「お前らホント忘れすぎだろ」
藤田「お前らマジでホントに」
大村「ホント、ふざけんなよ?」
ノンスタがガチで全然出てこないw
大村「お前らマジか!?マジかその辺の顔」
藤田「マジかお前ら!」
「最新」というヒントでようやくノンスタ。
大村「お前らどんだけNON STYLE頭からねぇんだよ!」
ノブ「今日の敗者復活のこと、なんかスッポリ…」
大悟「ほんまに今のわざととかちゃうもんなぁ(笑)」
大村「どんだけNON STYLEを忘れちゃうんだよお前ら」
最多出場は笑い飯8回、次が麒麟5回、千鳥・フット4回、
トーテン・チュート・南キャン・キンコン・ポイズン3回。
ポイズン6位、9位、9位。千鳥9位、9位、8位、6位。
ポイズンと千鳥で全9大会のうち、4回最下位をとっているw
大悟「わしらでも味わったことないからな。1位になって優勝したの、
阿部ちょっと目ぇつぶって想像してみ?」
このフリで大悟の足臭い食らわされる阿部w

Q4.歴代女性アシスタント6人
上戸彩、中山エミリ、井上和香、眞鍋かをり、小池栄子、…
阿部「レスリングの吉田佐保里」w
藤田「抽選のとき来たわ一回」
吉田「あの人の抽選になって順番が絶妙すぎて八百長説流れた(笑)」w
最後、2001の菊川玲。

2:26
●サンドウィッチマン登場
大悟の隣に座らされるサンドw
ノブ「かけつけ一杯で大悟の足ちょっとにおってください」w
二人ともえずくw
・2007を振り返る
2007はトーテンがラストで、サンドはもう1年あった。
順序的にはそっちでもよかったと大村。
伊達「だって出れないでしょそんな簡単に。決勝は」
伊達「一回で獲んないとなかなか難しいですよねこれ」
藤田「一回だと獲りやすくはないけど、獲れる可能性は高いよね。イメージ的に」
・今日の出演までの流れ
よしもとオンラインには他事務所がほとんど出ないが、
おととい一緒の仕事になったときに出てよとトーテンが軽く言って実現。
富澤「仕事帰りなんで、M-1見てないんです」
今日の仕事はディナーショーw東京03、狩野、インジョンと。
・今日の結果
大村「結果どのくらいまで知ってるんですか?」
伊達「U字工事が3位になったとこまで知ってる」
わかりにくいボケに一瞬全員対応できず。
伊達「え、なに?スベってんの?」w
富澤「アウェイだから」
パンブーのネタは2本とも見れてないが、笑い飯の1本目は見れたサンド。
伊達「めっちゃ面白かった」
富澤は以前あのネタを観たときにM-1でやってくださいと言ったそう。
伊達「東京ダイナマイトも頑張りましたね。必死で応援してましたよ」
2:30
・M-1後の変化
2007の優勝までは食えてなかったサンド。
バイトしなくなって済んだし、家庭を持った。
伊達「え、こんなしっとり?」w
大村「ぶっちゃけだからどれくらい貰ってんすか?」
これは友情出演なのでノーギャラ。てマジか。
阿部「だからもう大悟の靴下だよね、今日のギャラ」w
阿部にペットボトルぶつける大悟w
2:32
・給料・家賃の変化
給料は何倍に?それまでは月15万。
家賃は?
トーテンとサンド両方が言う流れ。
ノブ「11万11万」w
江崎「なんで言っちゃったんですか(笑)」
ノブ「関西のノブで11万」w
吉田「今後M-1チャンスある人たちが、優勝2位になると
こんだけもらえるんだぞっていう」
江崎は4万5千。サンドは6万8千に同居してたので一人3万4千。
・トーテンの現在の家賃
トーテンから。
大村「駐車場込みで20」
一軒家の藤田。
藤田「駐車場とセカンドハウス込みで29万」
S-1の賞金で湘南に別荘w
・サンドの現在の家賃
大村「じゃあたけしから行こうか?」
富澤「初めて言われた」w
富澤「18万でございます」
藤田「みきおでも車持ってるもんね」
伊達「みきおって言うの?」w
伊達「かみさんも働いてるし、車もあるんで、30」
盛り上がる若手。53インチのテレビへの食いつきw
・給料
大悟「10月と11月と12月の給料いくらすか?」
伊達「なんで言わなきゃいけないの」
大村「ちょっと足の位置気ィ使ってんだお前」w
チャンピオンには敬意をw
ノブ「伊達さんにはこわいから(笑)」
2:36
・KOC 2009
サンドはKOCも。
大悟「獲った思うてたもん」
伊達「いや無理でしょー」
大村「あれでも行ったと思ったでしょ最初は」
伊達「一発目はちょっと思っちゃいましたね」
ノブ「だから今日の笑い飯みたいな…」
大村「でも自滅したんじゃねーからな」
ノブ「チンポジしたわけちゃいますから」w
富澤「チンポジしたらしいね。ふざけてるな~(笑)」
藤田「トロフィーをここまで抱えて、よっしゃバンって自ら突き放したっていう」
漫才優勝、KOC準優勝のサンド。
2:37
・優勝した後に出場すること
ノンスタが優勝直後に出たのどう思う?
伊達「いやよく出るなぁと。すごいなぁと。自信があるから…ねぇ。
俺ら無理っすわ」
敗者復活からだから、正規で出たいとは思わなかった?
伊達「めっちゃ思いましたよ、(煽り)VTRとかものすごい
カッコいいじゃないすか。ああいうの欲しいもんねぇ」
ノブ「いやちょっと、ほんまに出るからやめて(笑)」w
伊達「でも出れないから、もう12年目だから」
ノブ「よかった~~」ww
大村「お前どんだけ本気だよ!」
ノブ「そらあかんよ、完全に1枠埋まるやん」w

・東京ダイナマイト
サンドは東ダイの勇姿は見れた。
伊達「いやー面白かったでしょだって。もっと点数ほしいぐらいの」
大村「じゃあちょっと納得いってないすか?」
伊達「いやそんなことないけど、点数もっとほしかったなっていう」
二郎からのメールは、「面白かっただろ?」と。
2:39
・M-1 2007決勝でのサンド
サンドの当時のハードル下げ方に文句言う大村w
大村「もうネタないですよ~、みたいな演技あったじゃないですか、
あの胡散臭ぇやつ」w
大村「あれマジでホント言いてぇけど、何度となく言ってるんだけど」
というわけで当時のリターンズでも話してた煙草吸ってたエピ披露。
移動中にネタ打ちしてたのは密着Vがついてるのでバレてる。
伊達「でもああいうときはネタ合わせになんないもんね、台詞が出てこなくて。
テンション上がっちゃってるから」
伊達「僕本番は飛んでますからね、ネタ。2本目は」
伊達「『ちょっとマキでお願いします』って言われたの。上がるときですよ」
ひでえなスタッフw そりゃ普通にねーわ。
伊達「はいっつって、え?何今なんつったんだって。マキって何みたいな」
あんまよくわかってなくてよかったw
富澤「キンタマって下りがあったんですけど、カットしてくださいって
上がるぐらいのとこで言われた」
キンタマのツカミカットされたwこれはスタッフGJw
ノブ「ツカミいらんいらん!」
大村「それやってくれよー!」
富澤「だってそれで敗者復活上がったわけでしょ!?キンタ漫才ですよ」w
ノブ「それやってたらわかんなかった。だってチンポジクラスの」
伊達「ツカミをカットされたんだよ。キンタマカット。
パイプカットみたいなもんだよ」ww
2:42
・M-1 2007決勝でのトーテン
藤田が当時の2本目を振り返る。
サンドの勢いがすごかったから普通にやったんじゃ勝てないと思った。
サイババ2個目で大きくウケたので、その後のエンドレスの下りを
カットしようかと思ったが、やらなかったら後悔すると思ってやった。
だが結果、あの最後の下りをカットしたら行ってたかもしれないと言われた。
富澤「ちょっと何言ってんのかわかんない」w
2:43
・M-1 2007決勝の敗者復活芸人の反応
2007サンドが優勝したとき、敗者復活の芸人は大喜び。
オリラジ中田はトーテンに優勝してほしかったのでひとり渋い顔。
藤森は大喜びw
大村「ムードにやられちゃうから」w
藤田「調子乗りのバカ(笑)」
あのときはハチミツが中心になってサンドを応援してた。
藤田「やっぱだから、芸人の中でもいろんなグループがあって、
仲間みたいのを背負って出てってるていう」
・ナイツ・パンクブーブー
伊達「他事務所うんぬんじゃないですけど、
ナイツなんかも今日2本目見たかったなっていうね」
富澤「でもパンクブーブーさんなんかはいつも敗者復活組でいたから、
頑張ってくださいっていうのがあったし」
つい最近もサンドの事務所ライブにパンブーが来てウケてた。
2:44
・M-1用のスタイル
大村「だんだんM-1で点数とるスタイルが確立してきましたね。
テンポよくポンポンポンポンいくっていう」
藤田「テンポよく手数多いっていう」
藤田「千鳥のスタイル…(笑)」w
だから千鳥、ポイズンは決勝では厳しい。
大村「じっとり笑わせるタイプ」
ノブ「基本決勝にはボケ3つでいいという(笑)」w
丸太持って3回攻撃して全部当たらずに帰ってくる感じw
丸太も緊張して持ち切れてないw
準決勝では千鳥、ポイズンがウケる。
ノブ「決勝ではこの人らで笑ったらダメみたいな(笑)
これで笑ったら仲間はずれにされるみたいな(笑)」w
大村「何回も準決勝ウケて決勝スベるから、今回もウケたけど、
審査員があげても裏切られるからぁ」
まぁ審査員がそう思ったのはそうだろうな。
吉田「うちらM-1に関してなんか前科もんみたいな」w
2:46
・評判を聞く若手コンビ
伊達はチーモンの名前聞く。
大村「名前は出るんですけどね、いつ行くんだっていう」
伊達「ファンもめっちゃ多いでしょ?」
白井「いやでもAKBには負けます」
伊達「なんでAKBと較べたんだよ」
菊地「伊達さんツッコミてかイラッとしてる(笑)」w
囲碁将棋も名前聞く。
阿部「ホント知ってます?どんな漫才するか知ってます?(笑)」
伊達「どんな漫才かは富澤がよく知ってるよ」w
富澤「囲碁と、将棋の…」w
2:47
・サンドに聞きたいこと
大村「サンドに聞きたいことあったら聞いとけよ、こんなチャンスないぞ」
江崎「ホントにズバリ単純ですけど、決勝に行く方法とか」
伊達「それは俺らも知らない」
藤田「ストレートで行ってないから」
阿部「うちらと千鳥が教えてあげるよ」w
でっかい丸太の探し方w
ノブ「優勝してどうすんの?」
江崎「優勝してスターになりたいっすよ」
中村「俺ら9位狙いで出ないすから」
吉田「俺らだって9位狙いしてねーわ(笑)」
ノブ「帰りの新幹線一睡もせず帰った(笑)」
2:49
・優勝者とそれ以外
大村「決勝きまった瞬間はすげー天国じゃん。当日なった瞬間、
優勝者以外はなんていうの?優勝者だけがおいしい酒を飲めるのよ」
阿部「最後のエンディングがたまんないっすよね」
藤田「あれが終わった瞬間、もう全部ザコになるんだよ」
スタッフの扱いが違う。
大村「ささ、優勝サンドサンドみたいな。あとの虫けらどけ!みたいな」w
藤田「おいザコ!ザコどもがぁ!(笑)」w
大村「あれだけはちょっとやめてもらいたいなぁ」
これは何かもう、サンドへのマキ指示も含めて、
現場・制作スタッフの質の問題って気が。
朝日放送だかテレビ朝日だか知りませんけど。
まあデカい大会だし、スタッフも失敗できないプレッシャーで
テンパっちゃってんでしょうけどね。
2:50
・決勝の最下位
決勝で最下位だと、全国のビリ扱い。
大村「全国で9番目なだけなのに、全部のビリみたいな感じになっちゃう」
ノブ「一番漫才ヘタな奴みたいに」
大悟「4千何組の一番おもろなかったネタを最後に流してほしい」w
番組的には地獄だがw
でも敗者復活で、アマチュアいけばな教室のあまりの緊張ぶり見て、
ほんのちょっとだけそんな感じを味わえた感はありましたね…。

2:51
●来年への意気込み
去年のこの番組ではパンブーが出演。ジンクス。
・囲碁将棋
文田「来年は優勝して、地元に新幹線の駅を建てます」
藤田「田中角栄か!」
根建「1千万じゃ足りねーぞお前それ。まいいか、がんばります!」
・ゆったり感
中村「来年こそ優勝して、生電話でつないで
純さんみたいにスベらないようにします」
・チーモン
白井「僕らも優勝して、ちゃんとした個人マネージャーが
ついてもらいたいです!」
吉本内では個人マネージャーがステータス。
白井「家賃10万のとこに住みたいです」
菊地「観るM-1じゃなくて出るM-1」
・ポイズン
吉田「いい丸太が手に入ったら出ようと思います」w
・千鳥
千鳥は来年ラストイヤー。
ノブ「丸太はもうポイズンに渡して、僕らおっきい岩を投げます」w
大悟「その岩で1000万獲って、僕くるぶしから下換えます」w

・来年のKOC
サンドは来年KOC出るのか?
富澤「(トーテンに)出ます?」
大村「出ますよ。出ない理由ないでしょ」
藤田「来年はほんと、コントに力入れてやってきますから」
伊達「あの手ぇ長いコントやってくださいよ」
大村「やるかぁ!」
藤田「受かるかぁ!」
意気込みを聞かれてよしもとオンラインを褒める伊達w

サンドは来年のKOC出場は明言しませんでしたね。
でも、KOCの場合いまのところ芸歴制限はないわけですから、
何回か休んでまた出場っていうのも戦法の一つですよね。
決勝行ったら確実に2本ネタを消費するわけだし。

 

えー、つうわけでちょっと長々メモってきましたが、軽く全体的な感想を。
まずトーテンがMCで、千鳥・ポイズンといった決勝経験組の東西同期がいて、
後ろに東京若手がいるっていうメンバー構成もよかったです。
構図がハッキリしてて。
千鳥・ポイズンが後ろの若手をちょいアシストする場面も見れたり。
この2組が同期っていうのは聞いてましたが、こんな仲良かったんすね。
意外と相性よくてびっくりしました。また何かの機会に見たいな。
そんで千鳥の関西コンビいじりもよかった。ノブのやさしさも垣間見える。
結局、笑い飯、千鳥、ポイズンが来年ラストイヤーってことで
ハッキリしたんで、頑張っていただきたいすね。
ダイアンは残念。2007のリターンズでやった「医者」のネタが個人的には
ここのベストでした。

サンドとトーテンもいい間柄になったなあ。
神格化されすぎてしまってる弊害もありますけど、やっぱり何だかんだ
M-1がいろんな関係性を際立たせてるのもあるんですよね。
で、関西コンビ同士のライバル関係も、東京吉本のぬるめの横の関係も、
個人的にはどっちも見てて面白いんすよね。
そんなわけで、明日かあさってには東京NSC9期に注目した記事を
書いてみたいと思います。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/20

[M-1 2009]M-1 2009グランプリ終了

チャンピオン、決まりましたね。
ちょっと、オンラインの放送10時までに急いでざざっと
感想を書き上げちゃいます。

結論から書くと、今大会にはすごく心配していましたが、
M-1物語としても、最高品質のネタ発表会としても
特にファイナルステージの展開では、すごく面白いものが見れました。

実際にはいろいろな要因が働いた今大会ですが、
結果的には、前記事に書いたこれへの一つの解答となる結果となりました。
> M-1が正統派漫才師に与えた影響を考えると、
> いまのM-1価値のインフレと、それに伴う漫才のM-1偏重風潮は
> ある程度落ち着いた方がいいのかもしれない。
東京の正統派漫才師が優勝した。
特に、オンバト系漫才師はM-1予選ではなかなか評価されない傾向がありました。

だが、結果的に今大会はまじりっけない正統派漫才を評価する機会になった。
審査員個々人に特にそういう意思も意図もなかったと思いますが
(正統派漫才を決勝に上げないのは予選の審査員だから)、
この事実だけを見れば、これはM-1がこれまで正統派漫才にしてきた
扱いの反省の結果とも受けとれる。
その意味では、自分にとってはある種のカタルシスになる結果でした。

でも、結果を見るまでは下ネタ連呼した笑い飯優勝だと思ってましたけどw
てっきり紳助と松本はそれでも笑い飯に入れるものと思ってましたが、
そこはやっぱり「大人」でしたねえ。マリリン・モンローは評価できても
チンポジは評価できない……というのもあるでしょうけど、
実際に今回の場合は別の選択肢、文句のない選択肢があったから
そうなりますかね。

それでもやはり、笑い飯が下ネタでコケることがなければ、
もちろんここまでパンブーに票は集まらなかった。
結局ラストイヤーだった笑い飯が、最後下ネタというのは
彼らにとって似合いすぎる、美しい散り方。
彼らのM-1物語としては、非常によくできた形。
冷静に評価すれば、下ネタ入れない鳥人クラスのネタを
もう1本用意できなかった、あるいは鳥人をもう少し落ち着かせたネタで
ファイナルに進み、ラスト鳥人を披露する戦法をとれなかったのが
彼らの敗因ですが、でもそんなことよりチンポジで散ることの美しさよw

そして、パンクブーブーについて不安定な印象と書いたのは、
M-1会場のウケを見るかぎり、自分の見立て違いということがわかりました。
正統派漫才の見立ては自分にとっては難しい。
前記事を書いた段階では、ここは2007のトータルテンボスのような
有終の銀メダルが似合うポジションで、今年出場して一回M-1舞台に慣れて、
来年にそういう形になると思っていました。

今回のファイナルステージは奇しくも、発想の漫才と
東西の正統派漫才という形になりましたね。
ただ、ナイツではなくNON STYLEをファイナルに上げたのは、
点数見るかぎり上沼恵美子と松本人志。
上沼は5点差、松本は7点差つけている。
ここからは邪推ですが、少なくとも上沼に関しては、
その後のコメントなどから、去年の自分の審査の責任をとる形で
点数をつけた可能性もあると思います。

M-1予選を勝ち抜くための苦肉の策であった太もも叩きをやめて
正統派漫才で挑んだノンスタ。その、M-1特有のクセを捨てたノンスタを
再びファイナルの場に上げたことは、これまた
正統派漫才への罪滅ぼしと受けとめることもできます。
しかし、やはりイキらないノンスタの漫才と
パンブーの漫才では当然パンブーに軍配が上がる。
ただ今回は部分部分で井上がイキったんで少しはプラスになったかな。

そして個人的に非常に感心したナイツ。
あの感動ドッキリを完全にフリに使った塙の戦術性やしたたかさには感心します。
審査員には伝わらなかったでしょうが、視聴者として非常に面白く見ました。

ただ、まだ優勝決定後点数情報しか見てないですが、
オンバト系漫才師については思い入れがある人とない人の差が激しい印象が
ネットを見るかぎりではあります。
オンバト系漫才師の物語に参加できる人とできない人がいるというか。
そうなると、今後のお笑いファンの反応はちょっと気になるかも。

ああ、もうオンライン始まってしまう!w
というわけで取り急ぎここまで。

-------------
12/29(9日後)追記
とか書いてたら、笑い飯ラストイヤーじゃねえのかよ!w
というわけで、3時間に及ぶM-1終了後のオンラインについて、
ちょっと粗いですけど次記事で簡単に書き起こしました。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[M-1 2009]事前番組&決勝の希望的観測込みの予想

ちょっと久しぶりの更新です。
各記事につける拍手をWeb拍手からFC2拍手に変更したのですが、
変更前に何人かWeb拍手を押して下さった方々、ありがとうございました。
たぶん自分のテスト拍手じゃないと思うんすけどもw

ブラマヨのM-1事前番組見ました。
出演者ブラマヨONLYとは思わなかったですが、
まあこの2人なんでVを振り返るだけでも十分面白いっすねw
さらにサンド、オードリーの敗者復活会場からの移動VTRも。
この映像はDVDには収録されたのかな。

煽りVもまとめて見れましたが、南キャンしずちゃん、
パンクブーブーは決勝進出決定で涙。
正直しずちゃんが泣くとは思わなかったなぁ。
これは南キャンの物語に期待。
また、パンブーは東京吉本若手に祝福され盛大な拍手と握手。
こういうの見るとやっぱり盛り上がってきます。

大阪ではモンエンの横で見切れた、銀シャリ・鰻の表情が印象的。
今年とは言わない、だが数年後には確実に来てくれよーと
思わせる表情でした。

 

ではやっぱりせっかくなんで、M-1 2009の決勝を
希望的観測込みで予想しときたいと思います。

しかし審査員、大竹まことoutのそのまんま東inってw
確かに大竹は漫才師じゃありませんが。
うーん、まあこれだけで判断するのもアレですが、
やはりM-1は去年~今年の間に大きく舵を切ったのか。

ただ、2つ前の記事を書いてからいろいろ考えましたが、
M-1が正統派漫才師に与えた影響を考えると、
いまのM-1価値のインフレと、それに伴う漫才のM-1偏重風潮は
ある程度落ち着いた方がいいのかもしれない。
この意味では、その原因はさておいても、
去年のチャンピオンより2位の方が爆発的に売れたという事実は
今後を考えさせられる材料ですね。

1.ナイツ(マセキ芸能社 '01)
今回のM-1では敗者復活枠を除くと、笑い飯と並んで
M-1物語の担い手となるはずのポジション。
解散逆ドッキリからの流れもありますし。
自分も含め、下馬評ではほぼ決勝当確のように扱われていましたが、
準決勝の出来ではかなりギリギリだった模様です。
トップバッターですが、今回のメンツの中ではここがその役目を担うのが
番組としても本人たちとしてもダメージが最小限で済むかと。
もちろん不利であることには変わりありませんが。
しかし、ここの(特に塙の)戦術力を考えると、
隠し球を持っている可能性もある。この先も、ナイツが
優勝するとすればそういう形になると思います。
ただ、その隠し球がこの順番でも通用するかは
今年だとちょっと可能性薄いかなぁ。

2.南海キャンディーズ(東京吉本 '03)
ここも何を見せてくれるのか個人的に非常に楽しみ。
M-1物語の担い手としても、浮上→沈没→再浮上となれるのか。
その形が作れればこことしては大団円でしょう。
しずちゃんの演技力もさることながら、山里の実力も
お笑いファンには周知の事実ですが、世間一般からの再評価につながるか。
2番手ということもあって、ここがファイナル3組に上がってる画は
ちょっと描きにくいですけども。しかし場を温める役割としては
大きく期待。
決勝前に時間があれば、ここのネタを見て感心したルミネライブの
レポも上げたいと思います。

3.東京ダイナマイト(東京吉本 '01)
予選レポを読むかぎり、どうやら横綱相撲の落ち着いた漫才を
してしまっているようで、気になっています。
めちゃくちゃやる東ダイは見れないのか。
いろんなもやもやを吹き飛ばす出来の漫才を期待したいですが。

4.ハリセンボン(東京吉本 '03)
地力は十分、順番もよい。春菜の瞬発力・対応力、
はるかの大喜利能力はお笑いファンの間でも高評価ですし、
個人的にも好きなコンビながら、どうもここは漫才師という印象が持てない。
今回その印象を拭ってくれることを期待します。
というよりそれ以前に、もしここまで場が温まっていない状況が
続いていたとしたら、まず温める役割を期待したい。
これが杞憂で済むことを願いますが。

5.笑い飯(大阪吉本 '00)
敗者復活以外では、ナイツと並んで今年のM-1物語の主役となるはず。
というか、順番がいい今年に、優勝はともかくとして
せめて3組の主役のうちの1組になってもらわないとM-1ファンとして困るw

ただ実を言うと、個人的にここのネタに対してはチューニングが
必要というか、集中力を高めないと十分に面白がれなかったりするので、
視聴者としても適度にリラックスしながら臨みたいなぁ。
ところで結局今回がラストイヤーなのか何なのかわからないのですが、
公式サイト見ると2000年7月結成だから今年がラストなのか?

6.ハライチ(ワタナベエンターテインメント '05)
ここは、予想記事でも名前を挙げましたが、
それとは別に、3~4年後期待コンビとして選出前このように書きました。
> 露出と面白さを考えると、来年・再来年、あるいは今年行っても
> おかしくないかもしれないんですが、ちょっとあのスタイルで
> 決勝行っても結果が見えているといいますか。
> そう高評価はされないでしょうし。
> 別のスタイルを見つけてくれることを期待してます。
今もこの印象はあまり変わっていません。
ただ、そのまんま東や上沼恵美子からは褒めてもらえるかもw
とにかく伸び伸びやってほしいですね。
ザ・パンチの二の舞になっても面白いし多分オイシイけどw
でも笑い飯が爆発したら、その余韻がここまで続いてる可能性はあるかも。
ただその余韻がハライチにとってどちらに働くかは予想つかない。

7.モンスターエンジン(大阪吉本 '07)
本業は漫才師のようですが、どうもここの漫才は
M-1決勝で観るものとしてはピンと来ないんですよね。
実を言うと、1本の動画でしか知らない、にのうらご(トリオ)時代の
漫才の方が個人的には面白いと感じました。
ここの漫才をあまり多く見ていないせいもありますが。
KOCで西森が思いっきりバカやってる姿の方が、ここのやりたいことに
近いんじゃないかなと思うのですが、どうなんですかね。
逆に言えば、漫才でも西森がMAXまでバカになれれば
違ってくるのかもしれません。
でも今回、もし5番手、6番手と好調な流れが続けばそういう画も描けなくもない。

8.パンクブーブー(東京吉本 '01)
3回戦終了時点での記事の見立てではこんな感じでした。
(ちなみに来年・再来年の期待コンビとして挙げてます)
> 準決勝進出。正統派東京漫才師。
> ここは…何でしょうね、何かもう一歩足りない気がする。
> 何としても審査員に自分達を選ばせるための、説得力というか決め手というか。
> それが、コンビによって「練習量」だったり「発想力」だったりするんでしょうが。
> 場合によってはこの1,2年で行く可能性もあると思いますが、
> ちょっとまだ不安定な印象があります。
> 再来年がおそらくラストイヤーなんで、それまでに仕上げてこれるか。
そんなわけで、ファイナリスト予想記事でも一度名前を入れましたが、
ラストイヤーでもないし可能性は低いかなと考えていました。
不安定な印象はやはりまだ自分の中にあるので、
決勝で爆発するかどうかはここに来るまでの展開次第かと思います。
ただ、ここにはトータルテンボス型の成長が期待できるので、
今回はM-1の舞台に慣れるというか、顔見せ程度の位置づけでも
いいかもしれない。

 

9.敗者復活
やっぱり、物語の面ではここにすごく期待してしまいますね。
というわけで、今年も視聴者の過剰な期待を背負う復活枠。
何か起こしてくれそうなところを希望的観測込みで。
今回は非吉本が来てくれた方が盛り上がると予想。

とはいえ、最終的に爆発してくれればどこでもいいのですが、
逆に爆発してくれないと、ここまでの状況次第ですが
今年のM-1がかなり厳しいことになるかも。
そうなったらもう個人的には、笑い飯か他のどっかが
06年のチュートになってくれるよう祈るしかないw

こないだの記事で、希望的観測シナリオとして
> ・笑い飯(他のメンバーでも可)が2006のチュートになる
> (珠玉ネタを2本持ってくる)
> ・敗者復活からドラマが生まれる
> ・何だかんだでみんな隠し持っていた勝負ネタで爆発w
と書いたときは、最後のは冗談のつもりでしたが、全組は無理にしても
まあ一定数は爆発してもらわないと…。
で、正直今年は五分五分かなと思います。
とりあえず5番目の笑い飯と2番目の南キャンが
ある程度の結果出してくれれば、その後の流れを作る意味も含めて
番組的に何とかなる可能性は上がる。2番目につなぐには
トップバッターももちろん大事。

そんなわけで希望的観測込みの敗者復活予想。
非吉本> タイムマシーン3号、ハマカーン
大阪勢> ダイアン、千鳥、銀シャリ
東京吉本> POISON GIRL BAND、チーモンチョーチュウ
と予想はしますけど、ラストイヤーのダイアンや返り咲きの千鳥、POISONにも
頑張ってほしいですが、やっぱり敗者復活と考えると新規性がほしい。
銀シャリを入れたのは可能性うんぬんよりむしろ願望ですがw
視聴者にとって「お前誰だよ」と「キター!」が
ちょうどいいバランスのところが来てくれたらベスト。
他にも、ノンスタ、ジャルジャル、オリラジなども。
しかし個人的には敗者復活というイメージじゃないかな。

ちなみにチーモンは、今年期待にも予想記事にも
名前を挙げていつつも、自分の中で決勝舞台で
結果出してる画が見えないという稀有なコンビ。
いつもネタ選びに失敗するイメージがあるんですよね。
でもストレートで行くよりは敗者復活のが結果出す可能性あるのかも。

 

最後に。
M-1インフレは落ち着いた方がいいかもとか何とか言いつつも、
何だかんだで視聴者としてはやっぱり番組としての成功を欲してるわけで。
だから絶対に、
> ・ハイレベルな賞レース
> ・物語としてのM-1
> ・最高品質のネタ発表会
このどれかとしては成立させてほしいです。
サンドウィッチマンが来なかった2007は見たくない……。
というわけで今年は例年に増して、出演者の出来と
敗者復活にかかってます。結果出してくれないとM-1がポシャる。
さて11時からPCにかじりつきだ。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

[ネット配信]AGEAGELIVE視聴 MC小杉 091208

MC ブラックマヨネーズ 小杉   
出演者 マヂカルラブリー/ラフ・コントロール/イシバシハザマ/囲碁将棋/LLR/クレオパトラ/ピクニック/2700    
1時間半

  

客の少なさにもかかわらず小杉のMCがそつなく面白かったのと、   
いくつか個人的に拾っときたいポイントがあったので    
簡単に書き起こしてみます。    
言い回しなどはテキトーなんで後ほど直す場合もあります。

  
   

<全体の流れ>      
●オープニングトーク      
●ネタ順抽選      
・囲碁将棋 漫才「尊敬する人・エノモトさん」      
・LLR 漫才「イベントをひとまとめ」      
・ラフ・コントロール 漫才「女の子の見た目」      
・マヂカルラブリー 漫才「処刑」      
●前半トーク      
・2700 コント「右ひじ左ひじ交互に見て」      
・ピクニック 一人コント「鼻歌」      
・クレオパトラ コント「ロボット漫画」      
・イシバシハザマ コント「シャバダバ劇場」      
●後半トーク      
●結果発表      
●ゲームコーナー AGEAGEルーレット      
┠大喜利 「こんなクリスマスはイヤだ」      
┃ イシバシハザマ石橋、2700ツネ、マヂカルラブリー村上、      
┃   囲碁将棋 根建      
┠モノマネ      
┃ LLR福田、クレオパトラ桑原、マヂカルラブリー村上、      
┃ ラフ・コントロール重岡、イシバシハザマ硲、囲碁将棋 根建      
┠全員で合わせましょう 「ヒーローの変身ポーズと言えば?」      
┗あるある 「学校あるある」      
●告知~終了

特に気になったシーンをピックアップ。   
この他にもところどころ小杉のツッコミワードがよかったです。    
   
●前半トーク 囲碁将棋/LLR/ラフ・コントロール/マヂカルラブリー    
・昨日のしゃべくり007    
小杉と囲碁将棋は初絡み。    
文田「でもいつもテレビで見てます!」    
根建「昨日のしゃべくり007もビデオ録りました」    
文田「8歳の下りとかめっちゃ面白かったです」    
小杉「マジで?じゃあ俺がギャグスベってたとこも見てたん?」w    
文田はリアルタイムで見ていたようだが、その部分は覚えてないっすねと    
しらばっくれるw    
LLR福田「ちょっとそのギャグやってみせてくださいよ」    
というわけでヘイヘイオーライ披露w    
客席には「こっすー大好き」のうちわ?を持った女子高生の姿も。    
・M-1優勝予想    
前のトークが結構押したので    
野田「もー、もー僕らに尺はない」w    
野田「だれ、だれ優勝すると思う?」    
小杉「お前は誰やと思うねん」    
野田「敗者復活からハマカーン」 ガチ予想ww 
  ・Wikipediaは間違い      
小杉「(マヂラブに)お前らどうやって組んだん?」    
野田「それはWikipedia見なさい」 w    
小杉はWikiでなぜか姫路獨協大学中退扱いw

  

●後半トーク 2700/ピクニック/クレオパトラ/イシバシハザマ    
・痔を患う小杉      
硲「なんかぶどうの房みたいな」    
小杉「ポンデリングや」w

  

●結果発表 (+マキシマムパーパーサム長澤、トレンディエンジェル斉藤)    
アシスタントにハゲ2人が出てくるw 抱擁をかわす小杉w

  

●ゲームコーナー      
┗モノマネ    
LLR福田 「頭が悪いヤムチャ」
クレオパトラ桑原 「ビストロSMAPのナレーター」
マヂカルラブリー村上 「ウルトラマン」    
ラフ・コントロール重岡 「アントニオ猪木で○○シリーズ
イシバシハザマ~もう中学生~エド・はるみ」
イシバシハザマ硲「桂小枝が見たことない虫見せられたときのリアクション」
囲碁将棋 根建
「普通のキャッチャーとヤクルト古田のインコースのとりかたの違い」
最後根建テンパりすぎてリアクション間違いw

  

小杉は新システムに戸惑ってはいましたが、やっぱり小杉のような   
MCが来ると若手のテンションも上がる。    
まぁ8組いるとちょっとワチャワチャしてしまって上手く小杉を    
いじりきれてない場面も多少ありましたが、それよりも    
こんくらいの後輩にまでいじらせる小杉がすごいということで。    
LLR福田はちょっと前まで(∞時代の動画見る限り)、    
このくらいの先輩に対しても自分のイヤミキャラを出していくかどうか    
迷ってるフシが見えたんですが、最近は吹っ切れたんですかね?    
ネタ抽選終わり、途中から来たお客さんに対して    
「小杉さん今の説明してあげてくださいよ」と、たった今やった下りを    
小杉に説明させるw さらにこれに素直に従ってスベってみせる小杉w    
客は少なかったですけどその分演者ものびのびやってましたかね。

  

   
では、個人的に気になったネタ。    
   
・囲碁将棋 漫才「尊敬する人・エノモトさん」 
これはM-1準決勝でかけたネタですね。 
他のネタよりも根建のボケ色が強い感じがしました。    
その分、文田が良いこと言う役でツッコまれないのが個人的に違和感。    
「流行語」のネタみたいに良いこと言おうとしてツッコまれるなら
いいんですけど。    
いずれにせよ、賞レースに出すにはもうちょっと練ってからかけるべきネタ。 

・クレオパトラ コント「ロボット漫画」   
ガンダムとかエヴァをまぜくったネタ。    
「俺の名前は機械好き太郎」 
「これは今夜の岩盤浴、行けそうもないわ。言ってる場合じゃねぇ」w 
「彗星のチャア」「SM嬢にも殴られたことないのに」w 
「逃れちゃダメだ逃れちゃダメだ」 
「あんさんバカァ?」伊集院・アスカ・印度カリーw 視力レイ    
本人らもネタ後「あちこちからパクっただけのネタですけど(笑)」て
言ってたけど、表現力上がればもっと客ウケも良くなると思いますが。    
三文芝居として見せるにしても。    
ただ、客層的にアニメネタは厳しいのかどうか。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/08

[M-1 2009]ファイナリスト決定

M-1 2009のファイナリストが決定しました。   
出順は以下。

1.ナイツ(マセキ芸能社 '01)      
2.南海キャンディーズ(東京吉本 '03)      
3.東京ダイナマイト(東京吉本 '01)      
4.ハリセンボン(東京吉本 '03)      
5.笑い飯(大阪吉本 '00)      
6.ハライチ(ワタナベエンターテインメント '05)      
7.モンスターエンジン(大阪吉本 '07)      
8.パンクブーブー(東京吉本 '01)

なるほど……という。

3回戦情報でのファイナリスト予想では3パターン、    
何だかんだで11組も名前挙げてたんで、当たってようが外れてようが    
どうということもないんですが。実際そんだけ挙げても4組しか入ってないw    
ただ、非吉本3組挙げたうち2組が当たっていたのがかなり複雑な心境。    
これ、3回戦時点の情報ですからね。    
しかもいろいろ考えた結果の3組で、その中で確率は低いだろうけど    
一番行ってほしいと思っていたのはタイマでした。

選考についてですが、準決勝行った方のレポを見ると   
もちろんウケてなかった合格者はいませんね。    
ただ、ここを上げるならあそこがあっただろうというのが    
人によって1~2組ある感じですかね。    
しかし、客ウケを重視し、そことほぼズレがなかった    
去年の審査とはやはり違うものになったか。

2007のサンド優勝と去年の審査で、予選の審査基準も含めて   
M-1グランプリ第1章が終わって第2章が始まる……    
というような視聴者としての希望的観測は、    
準決勝開始前時点から抑えとかなきゃなとは思っていました。    
その上でのファイナリスト予想記事だったんですが、    
やはり現実は自分の見立てよりももうちょい厳しかったかw

 

具体的に何がちょい厳しいかというと、前記事を踏まえるなら、

  • 去年と比較してしまうとハイレベルな賞レースというには厳しいか?
  • TV的な華、M-1的な華(M-1の物語性・ドラマ性)の両面から      
    少し物足りない

この2つですかね。

特に個人的に残念なのが、M-1的な華、つまりM-1のドラマを   
担うメンバーが少なめなこと。
 笑い飯、    
 感動逆ドッキリからの流れでナイツ、    
 返り咲きの南海キャンディーズ    
このあたりが主要なドラマの担い手になりますかね。    
その意味ではノンスタは大きなドラマを背負っていましたが    
落とされましたか。    
逆に、負のイメージを背負わされてしまう恐れがあるのが    
東京ダイナマイト。準決勝でのウケはよかったそうですが、    
反面余裕ありすぎ?という意見も見かけたのでそこも気がかり。    
ガムシャラに獲りに行く姿は見れるのか。

さてこうなると、やっぱりドラマの面では   
敗者復活に期待をかけたくなります。    
ノンスタ、千鳥、ダイアン、タイマ、磁石、ハマカーンあたりが    
個人的には気になります。    
今回の決勝進出者の割合から見ると、大阪勢か非吉本から来ると    
やはり盛り上がりますかね。

最後に、一視聴者としての希望的観測シナリオをいくつか。   

  • 笑い飯(他のメンバーでも可)が2006のチュートになる      
    (珠玉ネタを2本持ってくる)
  • 敗者復活からドラマが生まれる
  • 何だかんだでみんな隠し持っていた勝負ネタで爆発w

ラストのはちょっともうほぼ冗談ですけどw

それにしても不安なのが、朝日放送の公式サイト見る限り、   
例年の関西ローカル直前SPでの密着ドキュメントが    
今年は独立した番組としては放送しない……ということでしょうか?    
敗者復活戦生中継の後にダイジェストをやる、ということは    
ドキュメント部分の時間が例年よりもだいぶ削られる?    
それとも、小分けにして連日深夜放送する    
直前情報番組でカバーするのでしょうか?    
個人的には、密着ドキュメント部分が薄いと    
決勝前のテンションに相当影響しそうですが……。    
ぶっちゃけ下手したら、決勝のメンバー内容より    
こっちの内容のがテンション左右しますからねw

まあとりあえず、見ホーダイに上がっている   
ネタ順抽選会動画を見てから寝ることとします。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/07

[M-1]視聴者がM-1に求める3つの期待像

前記事書いてから早速ナタリーの大阪準決勝レポートなどを見たら、    
銀シャリの可能性もあるんですかね…?    
もし来たら非常にうれしいですが。    
それにしても西田の髪の毛の躍動感よw

さて、いよいよ今日の昼頃ですか。   
今年は結局公式ブログに載せるのかどうかハッキリしないな。    
去年は確かYahooが先に載せたりしてましたね。

ところで発表前に、つねづね、視聴者というかお笑いファンが   
M-1に期待するものが人によってかなり違う気がしているので、    
その辺について少し書いてみます。

お笑いファンがM-1に持つ期待は、大まかに   
次の3種類があるんじゃないかと思います。

  • ハイレベルな賞レース
  • 物語としてのM-1
  • 最高品質のネタ発表会


・ハイレベルな賞レース

これはすごくわかりやすいですが。   
M-1グランプリという名前で普通まずイメージするのは    
「ハイレベルな漫才の賞レースが実現する大会」ということで、    
大会運営側もまずこれが念頭にあるはずですが。    
直近だと去年2008大会が個人的にはこれに当たると思います。    
優勝者はこっちがよかったあっちがよかったとあれこれ議論がされるのは    
ハイレベルな賞レースが実現された証拠だとも言えるわけで、    
その意味で大会の健全なあり方といえます。

   
・物語としてのM-1

自分も含めて、お笑いファンが潜在的に大きな期待を寄せているのが   
M-1のこの側面だと思います。    
「実力はあるけど売れない芸人が一夜にしてスターになる」、    
「ずっと優勝できなかった芸人がやっと栄光を掴みとる」    
とかそういう、M-1のドラマ性に期待しているタイプです。    
おととし2007大会は、M-1の根本物語を体現する大会でした。    
ただ難しいのが、「実力はあるけど売れない芸人」という部分。    
サンドウィッチマンの場合は東でも西でもほとんど露出がなく    
絵に描いたような「実力はあるけど売れない芸人」だったわけですが、    
これが東と西のどちらかでそこそこ露出がある「売れない芸人」だと、   
東西のお笑いファンでもともと 初期値として思い入れの差があります。   
そうすると、 物語に参加できた視聴者と参加できなかった視聴者が   
クッキリと 分かれてしまって、 ネット上ではかなり感情的な反応が   
出てきたりします。


・最高品質のネタ発表会

これは要は、M-1決勝の場でないと見られない出来と完成度のネタを   
見せてもらえればそれで満足ということです。    
個人的には2006のチュートリアルがこれでした。    
チュートの漫才があの完成度まで到達できたのは    
2006決勝の舞台だったからであって、他の賞レースやネタ番組では    
後にも先にもどうしたってあの出来ばえになることはできなかったと思います。    
ただ、これも前年2005で同期のブラマヨとともに決勝進出して    
ブラマヨが優勝したという事実がなければ、あそこまで    
仕上がらなかったと思いますが。その意味では、ここでも背後に    
M-1の物語が機能しているといえます。

あとは番組としての面白さ。   
M-1だと近年の笑い飯の敗者コメントとかw

個人的に一番こわいのが、3つのいずれもが中途半端になってしまう年です。   
サンドウィッチマンが来なかった2007を想像してもらうといいですが。    
KOCでもここで書いたのとだいたい同じことが言えますかね。

今年のM-1はどんな大会になるのか。   
さて、ではお昼を楽しみにしときます。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/06

[M-1 2009]ファイナリスト予想

そろそろ東京の準決勝が終わった頃でしょうか。   
時間的にはギリギリですがファイナリスト予想を上げときます。    
昨日今日とちょっとまだ準決勝の情報を見れてないので、    
3回戦終了段階の情報のみで。

3つの可能性を考えてみました。
上から実現性が高いと思う順で予想。 

パターンA   

ナイツ(マセキ芸能社 '01)      
タイムマシーン3号(アップフロントエージェンシー '99)      
NON STYLE(東京吉本 '00)      
笑い飯(大阪吉本 '00)      
ダイアン(大阪吉本 '99)      
ジャルジャル(大阪吉本 '03)      
オリエンタルラジオ(東京吉本 '03)      
チーモンチョーチュウ(東京吉本 '00)      
+      
敗者復活

TV的な「華」を考えてみたパターン。   
そうなるとタイマはハライチと入れ替わる可能性も十分ですが、    
やはり返り咲き+ラストイヤーに期待したい。    
敗者復活は非吉本が来たら面白い。    
ここでもしハマカーンが来たら個人的には楽しいですね。

 

パターンB

ナイツ(マセキ芸能社 '01)      
タイムマシーン3号(アップフロントエージェンシー '99)      
ギャロップ(大阪吉本 '04)      
NON STYLE(東京吉本 '00)      
笑い飯(大阪吉本 '00)      
ダイアン(大阪吉本 '99)      
パンクブーブー(東京吉本 '01)      
オリエンタルラジオ(東京吉本 '03)      
+      
敗者復活

西からダークホースが来るパターン。   
昨日の記事で大阪期待コンビの筆頭に銀シャリを挙げましたが、    
どうしても可能性を考えると予想には入ってこないっすね…。    
というわけで、ハゲいじりを前面に押し出した紹介VTRを    
作られてそうなギャロップを入れてみました。    
アメトーークで東野が名前を出してましたし、    
もしこのタイミングで全国に出れたら面白い。

 

パターンC

ナイツ(マセキ芸能社 '01)      
ハライチ(ワタナベエンターテインメント '05)      
タイムマシーン3号(アップフロントエージェンシー '99)      
NON STYLE(東京吉本 '00)      
笑い飯(大阪吉本 '00)      
ダイアン(大阪吉本 '99)      
ギャロップ(大阪吉本 '04)      
チーモンチョーチュウ(東京吉本 '00)      
+      
敗者復活

最初から非吉本が3つ入ってくるパターン。   
しかし、例年を考えるとやはり厳しいか。    
ハマカーンはいろいろ考えると、このパターンでも    
最初から入ることは考えにくい。

 

なお、可能性が低いところで言うと、キングコングはちょっと厳しい。   
夏にルミネでここの漫才を見ましたが、客ウケも非常に良く    
アドリブも楽しかったんですが、観終わったと同時に「M-1は無理だな」と感じました。    
2007決勝での2本のネタがここの完成形で、あれ以上を    
賞レースの漫才として望むのは難しい。

最後に、今回何回か名前を出したコンビが決勝に進んだとして、   
それぞれがそこそこのメリットを得られるような    
非常に日和見主義的な予想を箇条書きで。

・NON STYLEはイキリ漫才を披露、あらためてキャラが浸透するきっかけに。   
・タイマ、笑い飯は仕上げてきた。    
・ハライチは会場を沸かせる。    
・ナイツは有名人ボケを極力排した勝負ネタを持ってくる。    
・ダイアンは「~って何?」ではなく、発想を生かしたネタを持ってくる。    
・チーモンは3文字漫才をやって評価は伴わないが、知名度を上げる。    
・オリラジは練ってきた漫才を披露。    
・ギャロップはハゲ押しされるが、正統派漫才を披露してそこそこの位置につける。    
・ハマカーンは敗者復活からそこそこの位置につける。

チーモンは期待コンビ@東京の記事でも筆頭に挙げましたが、    
ここが選ばれたとしても、決勝の舞台で結果を出している画が    
どうも見えないんですよね。ネタ選びが上手くないイメージがあります。    
タイマ、ダイアンはラストイヤーなのでやり切ってほしい。    
ダイアンは2007リターンズで披露した「医者」のようなネタを2本    
持ってきてくれたら言うことないです。

さて、情報集めるか。今夜から明日にかけて楽しい時間が続きます。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/04

[M-1 2009]今年決勝行ってほしいコンビ・来年以降期待したいコンビ【大阪編】

今日・明日の準決勝を控え、ネタ動画を多少漁ってみたので
今度は関西の芸人について書いてみます。    
東京編の記事と同様、まだ一度も決勝の舞台を踏んだことのないコンビのうち    
個人的にいま決勝進出してほしいコンビと、    
数年後まで待ちたいコンビを整理してみます。

若手関西芸人については全国のネタ番組に出てない限り   
ほぼネット視聴に頼っているので、かなり偏りがあります。    
ここで言及してる芸人でも最近のネタは見れていない場合も。

 

1.今年行ってほしいコンビ@大阪 

銀シャリ(大阪吉本 '05)    
準決勝進出。地力は十分な正統派上方漫才師。    
しかし去年の敗者復活会場での理不尽なまでのアウェイっぷりを    
どうクリアするか。あのスーツ脱ぎゃいいのか?w    
まぁ要は見慣れてもらえばいいんじゃないかと思うんですよね。    
なのでここらでドカンと決勝行って、知名度を上げてほしい。    
また、ここは決勝の舞台を踏むことで練れてくるタイプの漫才師だと思うので、    
その意味での楽しみもある。

 

2.来年・再来年 期待できるコンビ@大阪 

ギャロップ(大阪吉本 '04)
準決勝進出。ハゲてはいるものの、今でも十分達者な正統派上方漫才師。   
正統派漫才でありつつ林の容姿をしっかり活かすネタが2本あれば、    
また、もう少しテンポを速くしてM-1仕様にすれば、    
来年あたり案外ススッと決勝に行ってそうな感じがします。    
ちなみに自分が知る限り「侍」のネタがその中の1本。

スマイル(大阪吉本 '03)    
準決勝進出。今年のNHK新人演芸大賞受賞。    
キングコングの決勝進出が厳しくなった今年以降、ここやspan!が    
来る可能性は上がったと思います。    
スピード漫才と、それだけでない部分を持っているはずなので、    
再来年までに上手く融合したネタを練ってきてほしい。

span!(大阪吉本 '04)    
今回3回戦落ち。今年のMBS新世代漫才アワードチャンピオン。    
スマイルにも言えることかも知れませんが、こういう    
練習量が見えるタイプの漫才は、自分たちの到達点に達した段階で    
うまいこと優勝をかっさらわないと厳しいように思います。    
つまり、タイミングが非常に大事。ノンスタ・キンコンがいなくなる    
再来年以降がこことスマイルの勝負どころ。    
個人的には、ツッコミ水本が必死になりすぎるネタは、審査員には    
あまりプラスに働かない気がします。

とろサーモン(大阪吉本 '02)    
これまで積んできた経験値を活かせば、全編スカシでなくても    
上手いことネタにスカシを織り込むことは可能なんじゃないかと思いますが、    
すでにそういうネタはあるんでしょうか。    
ただ、決勝に行くモチベーションを今も維持できているのかが    
気になるところ。本気で来れば何かを起こせそうなコンビ。

 

3.3~4年後 期待できるコンビ@大阪

ウーマンラッシュアワー(大阪吉本 '08)    
今回3回戦落ち。そのうち華が出てきそうなコンビ。    
結成年は若いが芸歴は8~9年。再来年までに決勝に食い込む実力を    
つけているかどうかは未知数ですが、陽の漫才として頑張ってほしいところ。    
今現在の関西でのテレビ露出がどれほどなのか知りませんが、    
こういうコンビは番組数をこなすほど力がつきそう。

プリンセス金魚(松竹芸能 '05)    
今回3回戦落ち。すでに基礎的な腕は持つ松竹若手漫才師。    
関西で非吉本の漫才師をあまり知らないので、単純にここには    
松竹代表として頑張ってほしい。オンバトで見る限りは    
技術力がきちんと笑いにつながっているので、あとは    
明確な個性がほしいところか。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

[M-1 2009]3回戦結果まとめ

結果が出揃ったところで、3回戦の結果をまとめます。
ナタリーの記事によれば、3回戦進出者259組中、68組が準決勝進出。
東京2日目のかたつむりが棄権しているので、
3回戦に実際に出場したのは全258組。

<東京勢> 合格39組/146組

◇東京吉本 24組/72組

ハリセンボン(東京吉本 '03)「ご近所づきあい」
ロシアンモンキー(東京吉本 '00)「儲け話~昔ばなし編~」 *初準決勝
天狗(東京吉本 '03)「アメリカ大統領就任演説」 *初準決勝
ゆったり感(東京吉本 '03)「取り調べ」
トレンディエンジェル(東京吉本 '04)「キスがしたい」 *初準決勝
チーモンチョーチュウ(東京吉本 '00)「通販番組」
POISON GIRL BAND(東京吉本 '00)「モノマネ」
------
井下好井(東京吉本 '05)「めんどうカフェ」 *初準決勝
ジャングルポケット(東京吉本 '07)「プロボクサー」 *初準決勝
カナリア(東京吉本 '03)「インストラクター」
メメ(東京吉本 '08)「おしゃれなバー」 *初準決勝
アームストロング(東京吉本 '00)「ボーリングのリアクション」
スリムクラブ(東京吉本 '03)「お葬式」 *初準決勝
ポテト少年団(東京吉本 '99)「夜道の変態」
囲碁将棋(東京吉本 '03)「好きな歌」
追加合格: オリエンタルラジオ(東京吉本 '03)「子供がほしい」
------
NON STYLE(東京吉本 '00)「峰打ち」
東京ダイナマイト(東京吉本 '01)「怪しいプロデューサー」
ハイキングウォーキング(東京吉本 '01)「ボーボーカレー」
なりきんショージ(東京吉本 '09)「ドゥーン!を封印」 *初準決勝
ラフ・コントロール(東京吉本 '00)「ヒーロー」
南海キャンディーズ(東京吉本 '03)「ストーカー」
パンクブーブー(東京吉本 '01)「陶芸家への弟子入り」
追加合格: チャド・マレーン(東京吉本 '99)「僕はもう日本人だ」

 ◆東京・他事務所 15組/74組

風藤松原(太田プロダクション '04)「家庭教師やりたい」
鬼ケ島(プロダクション人力舎 '04)「今年のM-1」 *初準決勝
三拍子(サンミュージックプロダクション '01)「ネタ迷ってる」
流れ星(浅井企画 '00)「じいちゃん」
ハライチ(ワタナベエンターテインメント '05)「趣味がスープ」
------
磁石(ホリプロコム '00)「モテたい」
朝倉小松崎(サンミュージック '07)「ドラマの1シーン」 *初準決勝
ナイツ(マセキ芸能社 '01)「自己紹介」
ダブルネーム(㈱トップカラー '03)「チャゲ&飛鳥」
我が家(ワタナベエンターテインメント '03)「レストラン」
ハマカーン(ケイダッシュステージ '00)「ゴキブリ」
U字工事(アミーパーク '00)「FA宣言、東北参入」
------
タイムマシーン3号(アップフロント '99)「娘が産まれたら」
追加合格: 上々軍団(アップフロント '03)「デート」 *初準決勝
追加合格: Wエンジン(ワタナベエンターテインメント '00)「相方を褒める」

 

<大阪勢> 合格29組/112組

◇大阪吉本(福岡・東京所属含む) 26組/74組

和牛(大阪吉本 '04)「鶴の恩返し」 *初準決勝
銀シャリ(大阪吉本 '05)「犬のおまわりさん」
見取り図(大阪吉本 '07)「彼女がほしい」 *初準決勝
千鳥(大阪吉本 '00)「言いたいこと」
笑い飯(大阪吉本 '00)「鳥人」
スーパーマラドーナ(大阪吉本 '02?'08?)「時代劇」
ヘッドライト(大阪吉本 '00)「映画・アニメ」
アジアン(大阪吉本 '02)「レポーター」
天竺鼠(大阪吉本 '03)「運動会~服屋の店員」
ギャロップ(大阪吉本 '04)「怖い話」
モンスターエンジン(大阪吉本 '07)「ヤンキーを注意」
かまいたち(大阪吉本 '04)「見た目とギャップのあるおばあちゃんを助ける」
------
ソーセージ
(大阪吉本 '08)「虫」
プラスマイナス(大阪吉本 '03)「鳥」
ダイアン(大阪吉本 '99)「カバと西田敏行」
追加合格: レモンティー(福岡吉本 '02*'08)「東京に行きたい」 *初準決勝
追加合格: プリマ旦那(大阪吉本 '08)「バイト先で友達に会う」 *初準決勝
------
スマイル(大阪吉本 '03)「火事」
ソラシド(大阪吉本 '01)「呪いのビデオ」
ガスマスクガール(大阪吉本 '08)「走馬灯」 *初準決勝
ジャルジャル(大阪吉本 '03)「ヤンキー」
とろサーモン(大阪吉本 '02)「足し算~数え歌」
藤崎マーケット(大阪吉本 '05)「Mステ~モノマネ王座決定戦」
キングコング(東京吉本 '99)「若者の挨拶」
ミサイルマン(大阪吉本 '00)「豚マン~デブ」
コマンダンテ(大阪吉本 '08)「寝れない」 *初準決勝

◆大阪・他事務所(アマチュア含む) 3組/38組

志ん茶(アマチュア '07)「ATM」
------
追加合格: いけばな教室(アマチュア '??)「道案内」 *初準決勝
------
さらば青春の光
(松竹芸能 大阪 '08)「NASA」 *初準決勝

東京勢のネタ名はほぼナタリーの3回戦の記事に準拠。
ナタリー記者は大阪には行ってないんですかね。

さらに、ちょっと初準決勝進出組についてまとめてみます。

●初準決勝進出 19組

ロシアンモンキー(東京吉本 '00)
天狗(東京吉本 '03)
トレンディエンジェル(東京吉本 '04)
井下好井(東京吉本 '05)
ジャングルポケット
メメ(東京吉本 '08)
スリムクラブ(東京吉本 '03)
なりきんショージ(東京吉本 '09)
鬼ケ島(プロダクション人力舎 '04)
朝倉小松崎(サンミュージックプロダクション '07)
上々軍団(アップフロントエージェンシー '03)※追加合格
和牛(大阪吉本 '04)
見取り図(大阪吉本 '07)
ガスマスクガール(大阪吉本 '08)
コマンダンテ(大阪吉本 '08)
プリマ旦那(大阪吉本 '08)※追加合格
レモンティー(福岡吉本 '02*'08)※追加合格
さらば青春の光(松竹芸能 大阪 '08)
いけばな教室(アマチュア '??)※追加合格

東京吉本が計8組、うち7組はAGEAGE芸人と呼ばれる若手芸人。
東京の他事務所からは人力舎のコント師鬼ヶ島、サンミュージックから朝倉小松崎。
大阪吉本がbaseよしもとから5組、福岡吉本から1組。
他、大阪はアマチュアから1組、松竹から1組。

さらに、セミファイナリストのうち、結成年が若いところを並べてみます。
したがって必ずしも芸歴が若いコンビとは限りません。
初準決勝組ともだいぶ被っていますが。

●結成3年未満('06以後結成) 14組

ジャングルポケット (東京吉本 '07) *初準決勝
メメ (東京吉本 '08) *初準決勝
なりきんショージ (東京吉本 '09) *初準決勝
朝倉小松崎 (サンミュージックプロダクション '07) *初準決勝
見取り図 (大阪吉本 '07) *初準決勝
モンスターエンジン (大阪吉本 '07)
ソーセージ (大阪吉本 '08)
プリマ旦那 (大阪吉本 '08)※追加合格 *初準決勝
ガスマスクガール (大阪吉本 '08) *初準決勝
コマンダンテ (大阪吉本 '08) *初準決勝
志ん茶 (アマチュア '07)
いけばな教室 (アマチュア '??)※追加合格 *初準決勝
さらば青春の光 (松竹芸能 大阪 '08) *初準決勝

元にのうらごのモンスターエンジンは例外としても、若いbase勢が目立ちますね。
やっぱり準決勝前にしっかりとbase若手のネタをチェックしときたいですね。
コマンダンテ、ガスマスクガール、見取り図が大阪NSC29期で芸歴3年。
プリマ旦那が大阪NSC30期で芸歴2年ですか。

最後にちょっとお遊び程度に。
☆数字でみるM-1 3回戦
<倍率>
全体:   3.79倍
吉本:   2.92倍
非吉本: 6.22倍

東京: 3.74倍
大阪: 3.86倍

東京吉本: 3倍
大阪吉本: 2.84倍

東京非吉本:  4.93倍
大阪非吉本: 12.67倍

なお、非吉本にはアマチュアと他事務所が両方含まれるのでこちらも。
全体・他事務所: 5倍
全体・アマ:   16倍

東京他事務所:  4.6倍
大阪他事務所: 11倍

東京アマ: --倍
大阪アマ: 13.5倍

今パパッと計算しただけなのでもし間違ってたら後でこっそり直します。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/01

[M-1 2009]3回戦 大阪2日目、3日目、追加合格結果

大阪3日目の結果と追加合格が発表され、いよいよ
セミファイナリストが出揃いました。
とりあえずこの記事では、
大阪2日目、3日目&追加合格の結果についてまとめます。

<大阪2日目11/29合格+追加合格3組> 6組/全37組
ソーセージ
(大阪吉本 '08)
プラスマイナス
(大阪吉本 '03)
ダイアン
(大阪吉本 '99)
追加合格: レモンティー(福岡吉本 '02*'08)※大阪2日目 *初準決勝
追加合格: プリマ旦那(大阪吉本 '08)※大阪2日目 *初準決勝
追加合格: いけばな教室(アマチュア '??)※大阪2日目 *初準決勝 

<大阪3日目11/30合格 10組> 10組/全36組
スマイル
(大阪吉本 '03)
ソラシド
(大阪吉本 '01)
ガスマスクガール
(大阪吉本 '08) *初準決勝
ジャルジャル
(大阪吉本 '03)
とろサーモン
(大阪吉本 '02)
藤崎マーケット
(大阪吉本 '05)
キングコング
(東京吉本 '99)
さらば青春の光
(松竹芸能 大阪 '08) *初準決勝
ミサイルマン
(大阪吉本 '00)
コマンダンテ
(大阪吉本 '08) *初準決勝

当初は合格者がたった3組だった大阪2日目ですが、3組追加合格で計6組が合格。
この追加合格組はいずれも初の準決勝進出。個人的にも初めて聞くところです。
大阪3日目はほぼ順当な名前が並んでいますが、初進出の3組は
いずれも2008年結成の若いコンビ。
さらば青春の光はトライアウトで見たときは吉本かと思ってましたが、
松竹でしたか。逆に、コマンダンテは初見時、何となく
吉本ぽくないなぁと思っていたらガッチリbaseよしもとで驚きました。
ガスマスクガールは未見なので、ちょっと探してみたいと思います。

落選組は以下。まず吉本勢。

<大阪2日目吉本落選 10組>
女と男、祇園、クロスバー直撃、ななまがり、三日月トリオ、かりんとう、ゴメス★加藤、ザ・ツタンカーメンズ、ナカノアンドデンジャラース、パステルモグラ
<大阪3日目吉本落選 18組>
おしどり、グッドモーニング、サンマリン(NSC生)、はだか電球、パプア。、ビコーン!、ポラロイドマガジン、三日坊主、宮沢ボーボーりえ、ラフ次元、ガトリングガン、キムチとライス、サイドエイト、span!、せかいちず、たいよう、つばさ・きよし、ドレッドノート

ここで今年の漫才アワードチャンピオン、span!が落ちますか。
うーん…ちょっとまだ3回戦の詳しい様子を情報収集してないんで、
何とも言えませんが。
つばさ・きよしも吉本でしたか。大木こだま、ぼんちおさむが師匠だそうで。
岡山吉本出身ということに何かすごく納得。

他事務所で落ちたのは以下。

<大阪2日目他事務所落選 21組>
命果てるまで(松竹芸能 大阪)、オジンオズボーン(松竹芸能 東京)、ガ→デん(アマチュア)、国民(アマチュア)、ササミストリート(アマチュア)、自由気まま(松竹芸能 大阪)、スタンドウラン(アマチュア)、ドルフィンズ(アマチュア)、ぱぱとはる(アマチュア)、変ホ長調(アマチュア)、放課後デモクラシー(アマチュア)、安定志向(アマチュア)、宇宙遊泳(アマチュア)、ゲニア(アマチュア)、スイートスプリング(アマチュア)、はまこ・テラこ(ワハハ本舗)、ひでまんしげまん(アマチュア)、ふうらいぼう。(ソーレアリア)、フラッシュ・カンパニー(アマチュア)、Body&Soul(アマチュア)、マスタング(アマチュア)
<大阪3日目他事務所落選 8組>
泰山北斗(アマチュア)、農家の嫁(アマチュア)、プリンセス金魚(松竹芸能 大阪)、ダブルマンモス(アマチュア)、チキチキジョニー(松竹芸能 大阪)、のろし(松竹芸能 大阪)、吉田たち(アマチュア)、ロコモコボンゴ!(どっかんプロ)

名前を知っているところだと、
変ホ長調、プリンセス金魚、のろし、オジンオズボーンが落ちる。
松竹勢で行ったのはさらば青春の光。

さて、次は追加合格。
大阪の追加合格はすでに書きましたが、あらためて。

<追加合格 7組>
オリエンタルラジオ(東京吉本 '03)※東京2日目
上々軍団(アップフロントエージェンシー '03)※東京3日目 *初準決勝
チャド・マレーン(東京吉本 '99)※東京3日目
Wエンジン(ワタナベエンターテインメント '00)※東京3日目
レモンティー(福岡吉本 '02*'08)※大阪2日目 *初準決勝
プリマ旦那(大阪吉本 '08)※大阪2日目 *初準決勝
いけばな教室(アマチュア '??)※大阪2日目 *初準決勝 

東京から4組(2日目1組/3日目3組)、
大阪から3組(2日目のみ)。
オリエンタルラジオがここで復活。
Wエンジンの漫才ネタはほとんど見たことないんですが、
何となく達者そうな雰囲気はありそう。今はほとんどコントが主で
ツッコミのえとうは女装がデフォルトみたくなってますが、
漫才師としてのWエンジンの姿はちょっと見てみたいですね。
東京吉本のAGEAGE芸人は追加合格ならず。
ノンスモーキンはWikipediaで見ると1999年1月結成となっているので、
そこがアウトだったとも言われていますが。

近い内にあらためて準決勝進出者を別記事にまとめます。

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »