カテゴリー「キングオブコント」の14件の記事

2010/09/25

[KOC 2010]決勝審査員一覧&今後のシステムへの希望

キンコメ出演のバナナムーン(100925)面白かったなーw
東京03とキンコメが出演した先週分もいま聴いています。
昨日のニコニコキングオブコメディも後でチェックしよう。

さて、キングオブコント2010の決勝審査員のリストと内訳を作ってみました。
なんか探せばこういうデータは既に落ちてそうですが…w
まあ作ってしまったのでアップします。
ちなみに、準決勝進出者一覧はこちらの記事。

 

○吉本 招集26組/準決勝敗退36組

□東京吉本所属 招集17組 /準決勝敗退20組

アームストロング
アップダウン
インパルス
COWCOW
カナリア
カリカ
ジャングルポケット
ジューシーズ
スリムクラブ
チーモンチョーチュウ
チョコレートプラネット
2700
ブレーメン
平成ノブシコブシ
ものいい
野性爆弾
ラフ・コントロール

※不参加 3組※
アジアン
グランジ
トータルテンボス

なお、グランジは佐藤大のTweetによると、
連絡ミスで審査員に参加できなかったそうです。(→1/2

■大阪吉本所属 招集9組 /準決勝敗退16組

学天即
ザ・プラン9
GAG少年楽団
シャンプーハット
ソーセージ
ダイアン
天竺鼠
テンダラー
和牛

※不参加 7組※
モンスターエンジン
かまいたち
銀シャリ
さかなDVD
トット
ポラロイドマガジン
アイロンヘッド

欠席者は全員、大阪吉本の若手劇場baseよしもと所属。
モンスターエンジンはNGKで番組の収録があったようですが、
その他の芸人全員のスケジュールを取れなかったとは考えにくいですね。

 

●他事務所 招集24組/準決勝敗退24組

□他事務所・東京 招集23組 /準決勝敗退23組

アメリカザリガニ(松竹芸能)
アンジャッシュ(人力舎)
イワイガワ(浅井企画)
インスタントジョンソン(太田プロダクション)
鬼ヶ島(人力舎)
ザ・アンモナイト(ホリプロコム)
ザ・ギース(ASH&Dコーポレーション)
ザ・ゴールデンゴールデン(ワタナベエンターテインメント)
ザブングル(ワタナベエンターテインメント)
シャカ(ワタナベエンターテインメント)
しゃもじ(ヴィジョンファクトリー) 
ずん(浅井企画)
禅(ワタナベエンターテインメント)
タイムマシーン3号(アップフロントエージェンシー)
Wエンジン(ワタナベエンターテインメント)
トップリード(太田プロダクション)
ドランクドラゴン(人力舎)
ななめ45°(ホリプロコム)
83幕府(フリー・ワタナベコメディスクール出身) 
ハマカーン(ケイダッシュステージ)
フラミンゴ(エフ・エム・ジー)
ムートン(松竹芸能) 
我が家(ワタナベエンターテインメント)

※不参加※
なし

他事務所勢は全員招集。

■他事務所・大阪 招集1組 /準決勝敗退1組
さらば青春の光(松竹芸能)

※不参加※
なし

DATA)

吉本|他事務所 審査員 不在 準決勝敗退者
吉本 26組 10組 36組
他事務所 24組 (全員参加) 24組
50組 10組 全60組

 

東京勢|大阪勢 審査員 不在 準決勝敗退者
東京勢
[3回戦東京合格者]
40組 3組 43組
大阪勢
[3回戦大阪合格者]
10組 7組 17組
50組 10組 全60組

 

東京吉本|大阪吉本 審査員 不在 準決勝敗退者
東京吉本 17組 3組 20組
大阪吉本 9組 7組 16組
26組 10組 36組

 

東京・他事務所|
大阪・他事務所
審査員 不在 準決勝敗退者
東京・他事務所 23組 (全員参加) 23組
大阪・他事務所 1組 (全員参加) 1組
24組 0組 24組

 

/////////////9/26 19:50表修正///////////////
ちょっと表がわかりづらかったので修正しました。
///////////////追記終わり/////////////////

というわけで、東京吉本は3組が不参加、
大阪吉本は準決勝敗退者の半分近い7組が不参加、
他事務所勢の欠席者はゼロ。
東西のバランスは実に東40組:西10組4:1になります。

TBS側か吉本側か知りませんが、在阪勢の交通費をケチったのかと
思ってしまいますね。
西の欠席者が全員baseよしもと所属の若手だというのも、
大阪でもまだ顔が知られていないような若手の価値基準が
審査に反映されなかったという点で残念。
base所属で審査員を務めたのは、
天竺鼠、学天即、GAG少年楽団、ソーセージ、和牛の5組でした。

準決勝で在阪勢が軒並み敗退したことと言い、
(三回戦を大阪で戦った大阪勢から、ファイナリストは1組も選ばれず)
今回の大会は在阪若手にとっては相当苦い結果になりました。
この傾向がもし今後も続くとするなら、というより今回のこの扱いが
もし明確な目的を持ったものだとすれば、
今後この大会の爆発力は低下していくと思います。

とはいえ、審査に参加した中には、上京した関西出身コント師も
含まれています。
その8組を西に含めるなら東32組:西18組とだいぶ比率はマシになりますが、
それでも東3:西2。
ちなみに関西弁でコントをする上京芸人は、審査員の中だと
アメリカザリガニ、COWCOW、カナリア、シャカ、禅、Wエンジン、
2700、野性爆弾。(もし間違いあったら指摘ください)

 

もしかしたら運営側には、2008大会のルールの失敗から、
「吉本/関西に有利に見えないように」との懸念が強いのかもしれません。
そのために他事務所勢は全組呼び、 どうしても
吉本26組:他事務所24組という形にしたかったのかもしれない。

しかし、東と西のコント師の間にはやはりネタ傾向の違いなどがあるはず。
これはどちらが正しいという話ではない以上、少なくとも審査員については、
きちんと東西でバランスをとった割合にするべきだと思います。

賞レースとしての権威の維持に直接関わる点なので、
このあたりはぜひ今後改善していってほしいところ。
トリオ審査員の扱いも、トリオのうち1人がスウィッチ持ってないことを
とりあえず番組中のルール説明で明示してほしいな。いろいろと紛らわしいし。

せっかく始まったコント師の大会。
「売れっ子中堅コント師と若手コント師のガチンコの戦い」という形では
定着しませんでしたが、テレビの世界で脚光を浴びていない芸人のための
大会としては末永く続いてほしい。
そのために、東西のコント師にチャンスを与える大会であってほしいと思います。
来年も期待しています。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/24

[KOC 2010]キングオブコント2010終了

キングオブコントのチャンピオンが決まりました。

いやー、正直に言ってしまうと、
最終的にはホッと胸を撫で下ろす大会でしたw
最後の点数発表は本当にヒヤヒヤしたw

前記事の追記で、次のように書きました。
> まず、ある程度権威のある賞レースとして成立するため、
> 賞レースとしては一定程度の成功を収めてほしい。
> そしてもう一つ、芸人が審査する形になった以上、
> 芸人が本気で笑うシーンを見たい。

こう書いた自分にとって、今大会は
「どうにか賞レースとしての首をつないだ大会」だったように思います。
賞レースとしては、点数基準が終始(特にファイナルラウンドで)ブレブレだったり、
審査員の選出がややバランスが悪かったり、
昨年同様、トリオ審査員のうち1名はスウィッチを恐らく渡されていなかったり、
いろいろと不安や不満要素がありました。

しかし、最終的に実力者のチャンピオンが選ばれたことで、
どうにか賞レースとしての面子を保つことができた。
おめでとうキングオブコメディ。

 

もう一点、この大舞台でバカやって芸人席が盛り上がる、
というシーンは今回少なめだったと思います。
ちょっと違う意味では、エレキコミックの2本目のネタ冒頭、
「こりゃもうダメかなぁ~~」はよかったけどw

これについては、やはり大阪勢の抜けた穴というのは
大きいと思います。
今回、審査員も在阪勢が少ないんですよね。
審査員の内訳については後ほど改めて記事を作ります。

 

今回、準決勝両日を鑑賞した上で決勝を見たので、
自然と準決勝の出来と比較しながら見てしまいました。
全体の印象として、緊張と4分制限のせいでしょうが、
コントの大事な導入場面の説明を走り気味にしてしまって
そのせいでツカミがウケない、という組がちらほら。

また、TKO以外の組が準決勝ネタを一本目に持ってきてました。
そのTKOも二本目にやっていたので、やはり全員
「このネタで通った」という安心感もあるし
準決勝のネタを持ってきますね。
ただ、もう一本のネタ選びについては
今回「なぜこれを?」…というよりは、
「これも悪くないけどあっちのがよかったろう」という組が
個人的には多かった。

 

個別芸人については、まずエレキコミックの点数が
あそこまで低いのは予想できませんでした。

ジャルジャルについては、今回は4位という結果でしたが
ここも本人たちが感じていた手ごたえほど点数の伸びがなかった印象。
これについては去年とはまた違う要因だと考えています。
今年はどアリネタではなかったので。

それにしても、しずるはいつも1位~2位の良い位置につけてから
急激な展開になりますねwある意味賞レース向き芸人だな。
今回は去年のロッチの巨乳連呼を彷彿とさせるような
パンティー連呼ネタで会場がついてこず。3回戦では受けてましたが、
やはりテレビネタではなかったか…w

 

なお、今年もMC浜田が無名芸人にフるシーンは健在でしたw
83幕府というチョイスもさすが本当に無名なところをw

今回、初めて準決勝を鑑賞した上で決勝を見る賞レースでした。
というわけでネタを見るときに初見のような新鮮さはありませんでしたが、
序盤で走り気味になってないかぎり、
やはり面白いネタはもう一度テレビで見ても面白かった。
逆に、テレビでやるとこう映るのかというネタもいくつかありましたがw

 

賞レースとしてはいろいろ書きましたが、
ネタ番組が相次いで終了している今、16本のネタを見れるのは極めて貴重。
番組としてもいろんなポイントがありました。

何はともあれ、キングオブコメディおめでとう!
高橋の言葉ボケの力、動じない今野の性格と言い、
「もっと売れていいコンビ」とD関無双のレポでも書いていたので
今後の露出と活躍にぜひ期待したい。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

[KOC 2010]決勝の直前予想

いろいろ投稿しようと思ったものがまだ投稿できてませんが、
とりあえず例によってギリギリですが、KOC予想の方を上げておきます。
まだ事前番組は見てません。

去年は番組としても賞レースとしても物語としても
平均点以上のものを見せてくれたKOC。
去年のハードル超えを期待されてしまうと
なかなか厳しいものがあるかもしれませんね。

また、ようやくシステムもキッチリ決まって
ある程度軌道に乗った去年を経て、今年は
よりテレビ向きになる可能性もあるかもしれません。

もしかしたら去年のように、合間で全くの無名芸人にフられるって光景は
期待しない方がいいかもしれない……
というのは、全く根拠ない憶測ですが、
勝手な心構えとして持っておこうと思いますw

あと、個人的には去年からトリオ審査員の扱いが気になっていますが、
今年はどうなってるのか。
つまり、トリオには2人分のスイッチしか渡されない
=トリオのうち2人しか審査が反映されない
という問題点はクリアされてるのかどうか。


1.TKO(松竹芸能)
1年ぶり決勝進出(2008では7位)、昨年は準決勝敗退。
再びトップバッター。ただ、ここは順番にあまり関係なく、
芸人から高評価をもらうのはやや考えにくいかなと。
芸人の心情からすると、肩入れしやすいのはあくまで
「売れてないベテラン芸人」でしょうし、
またここがたとえば、芸人から見て「何やってんだ(笑)」て意味で
盛り上がるようなコントをするとも考えにくい。
逆に、トップバッターという理由だけで
不当に低くなることもないんじゃないかと思うので、
出来が悪くなければ真ん中くらいの順位につくかもしれません。
ともあれ、トップバッターとして失敗だけは避けたいところですが、
そこはベテランですのできちんとやってくれるでしょう。
それにしても知らなかったんですが、TKOて2008も準決勝でトリだったんですね。
インタビュー動画より
本当に準決勝のトリが決勝行くっていうジンクスでもあるんじゃないか?

2.ロッチ(ワタナベエンターテインメント)
2年連続決勝進出。昨年は6位。
ここはネタ選び次第でしょうね。
上手くいけば2~3位くらいには食い込めると思いますが、
1stラウンドでこの順番だと、少しここには厳しく働くのでは。

3.ピース(東京吉本)
初進出。昨年は準決勝敗退、一昨年は2回戦敗退。
ここは3回戦レポと準決勝レポに書いた通りですね。
3回戦・準決勝を生で観たかぎり、準決勝レベルなのは
間違いないですが、決勝でどうなのかはわからない。
また、生で観た限りはコントの中での二人の齟齬は
気にならなかったんですが、やはり画面通すと
浮き上がってくるのでは、という懸念も。
これは掛け合いがギクシャクしてるとかそういうことではなく、
単純に二人のキャラクターがあまりに違うので
一つのコントの中に入ると何か雰囲気的にしっくり来ないんですよね。
最初から「二人の方向性が全く違う」ことを前提にした、
「想像してごらん」やフジ算でのコントでは良いんですが……。

4.キングオブコメディ(人力舎)
初進出。昨年までは2年連続準決勝敗退。
実力は十分ですし、票も集まりやすいでしょうから
優勝候補筆頭ではないでしょうか。コンビ名的にもw
あとはネタ選びですが、結構ブラックなネタやボケも多いので、
そこをどれくらい入れてくるかが鍵になるかもしれません。

5.ジャルジャル(大阪吉本)
2年連続決勝進出。昨年は最下位8位。
昨年のリベンジなるか。
去年のネタ選びもそうですが、ここは若手芸人からの
自分たちへの注目度がどの程度なのかわかってなかったと思います。
わかってたらKOC決勝の舞台でしりとりネタはかけないでしょう。
正直、芸人からのジャルジャルへのハードルは相当高いはず。
これはもちろんライバルへの視線っていう意味も含んでいますが、
ジャルジャルの敵はまずそのハードルだと思います。
東京に(半?)進出してそのあたりの認識があれば
勝機はあるかもしれません。

6.エレキコミック(トゥインクルコーポレーション)
初進出。昨年までは2年連続準決勝敗退。
順番もいいですしベテラン芸人なので、
ここも優勝の可能性は高いと思います。
ただ、やついの熱演が上手くハマれば、という条件付きにはなるかも。

7.ラバーガール(人力舎)
初進出。昨年までは2年連続準決勝敗退。
なんとなく一本は準決勝ネタ(「猫カフェ」)で来ると思っているんですが、
だとするとあのネタがテレビでどう見えるかは気になるところ。
もう一本を少し前の鉄板ネタ(「電報」など)で来るなら、
賭けではありますが可能性はあるかもしれない。
どこのコンビにも言えますが、何にせよネタ選びですね。

8.しずる(東京吉本)
2年連続決勝進出。昨年は3位。
準決勝や去年通りの力を出せば上位に食い込むと思います。
順番も良いですしね。
ただし、去年と比較して芸人からしずるへの眼がどう変わったのかは
気になるところ。

どこが優勝するにせよ、もし他がコケた結果で
優勝が転がり込むという形になるとしたら、
それは運営側にとってもファイナリストにとっても
もちろん視聴者にとっても望ましくない。
どの賞レースでも同じですが、ファイナリストが決定した以上、
どのファイナリストにも実力を出し切ってもらいたいものです。

////////////////18:43追記////////////////
始まる直前に少しだけ追記。
やっぱり、一視聴者としての希望をちょっと書いときます。
まず、ある程度権威のある賞レースとして成立するため、
賞レースとしては一定程度の成功を収めてほしい。
そしてもう一つ、芸人が審査する形になった以上、
芸人が本気で笑うシーンを見たい。
別にそのシーンを作った芸人が優勝しなくてもいいからw
2009でのモンエン2本目のオチのように、
大舞台でバカをやるシーンが一つでもほしい。
賞レースとしてのクオリティが維持され、
そのシーンさえ見られればある意味満足っす。
///////////////追記終わり////////////////

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/11

[KOC2010]数字でみるKOC3回戦~準決勝

数字と言っても倍率を計算しただけですが、
キングオブコント3回戦と準決勝の倍率を整理してみます。

 

☆2回戦~準決勝の全体倍率

東京2回戦 合格者112組/参加者424組 3.79倍
大阪2回戦 合格者40組/参加者158組 3.95倍

東京3回戦 合格者51組/全112組 2.20倍
大阪3回戦 合格者17組/参加者40組 2.35倍

準決勝 決勝進出者8組/全68組 8.5倍

2回戦では約4倍だった倍率が、3回戦ではいったん約2倍ほどに緩み、
さらに準決勝→決勝では8.5倍と跳ね上がります。

3回戦までは、東京・大阪で意識的にバランスとっているようで、
ほぼ同じ倍率。

 

☆数字でみるKOCセミファイナリスト審査

東京3回戦 合格者51組/全112組 2.20倍
大阪3回戦 合格者17組/参加者40組 2.35倍

東京吉本2.13倍(合格23組/全49組)
大阪吉本2.25倍(合格16組/全36組)

東京他事務所2.18倍(合格28組/全61組)
大阪他事務所4倍(合格1組/全4組)

吉本2.18倍(合格39組/全85組)
他事務所2.24倍(合格29組/全65組)

大阪の他事務所が2回戦まででかなり少なくなっているのを除けば、
東京・大阪、吉本・他事務所ともにほぼ同じ倍率。

 

☆数字でみるKOCファイナリスト審査

準決勝 決勝進出者8組/全68組 8.5倍

東京勢[3回戦東京合格者]:6.38倍(決勝進出者8組/全51組)
大阪勢[3回戦大阪合格者]:-倍(決勝進出者0組/全17組)

東京吉本11.5倍(決勝進出者2組/全23組)
大阪吉本16倍(決勝進出者1組/全16組)

東京他事務所5.6倍(決勝進出者5組/全28組)
大阪他事務所-倍(決勝進出者0組/全1組)

吉本13倍(決勝進出者3組/全39組)
他事務所5.8倍(決勝進出者5組/全29組)

吉本の倍率が13倍なのに対し、他事務所は約6倍。
ほぼ倍の開き。今回は東京他事務所にチャンスの多い審査だったといえます。

なお、3回戦までを大阪で戦った大阪勢から1組も選ばれていないため、
大阪勢の倍率は計算不能。

 

続いて、事務所別に、3回戦進出者のうちどれだけ
準決勝に進めたのか見てみましょう。
セミファイナリストの多い事務所順。

☆事務所別にみるKOCセミファイナリストと倍率

1.吉本 合格39組/三回戦進出85組 2.18倍
合格者が多いのでコンビ名は省略。
ただし、倍率は約2倍強と、今回吉本の倍率は他と比較しても
決して低くはありませんでした。

2.ワタナベエンターテインメント系 合格8組/三回戦進出15組 1.88倍
ロッチ、ザブングル、我が家、Wエンジン、禅、
ザ・ゴールデンゴールデン、シャカ
+83幕府
厳密な所属先がわからなかった83幕府も、
WCS(ワタナベコメディスクール)卒業生ということでここに含めました。
いずれにせよ他事務所では最多。
倍率は約2倍弱。

3.人力舎 合格5組/三回戦進出7組 1.4倍
ラバーガール、キングオブコメディ、鬼ヶ島、アンジャッシュ、ドランクドラゴン
人力舎の倍率は1.4倍。3回戦では7組中5組が合格。
さすがの「コントの人力舎」といったところ。

4.松竹芸能 合格4組/三回戦進出7組 1.75倍
TKO、ムートン、アメリカザリガニ、さらば青春の光
予選から東京で受験する組が多かった松竹。
倍率は約2倍弱。

以下は合格者2名を出した事務所が3つ続きます。

5.浅井企画 合格2組/三回戦進出5組 2.5倍
イワイガワ、ずん

5.太田プロ 合格2組/三回戦進出3組 1.5倍
トップリード、インスタントジョンソン

5.ホリプロ系(ホリプロコム含む) 合格2組/三回戦進出3組 1.5倍
ななめ45°、ザ・アンモナイト

あとは、セミファイナリスト1組のみの事務所が6つ。
ASH&D、アップフロントエージェンシー、エフ・エム・ジー、
ケイダッシュステージ、トゥインクル、ヴィジョンファクトリー。

☆事務所別にみるKOCファイナリストと倍率

1.吉本 合格3組/準決勝進出39組 13倍
しずる、ジャルジャル、ピース

2.人力舎 合格2組/準決勝進出5組 2.5倍
キングオブコメディ、ラバーガール

3.トゥインクル 合格1組/準決勝進出1組 1倍
エレキコミック

3.松竹芸能 合格1組/準決勝進出4組 4倍
TKO

3.ワタナベエンターテインメント系 合格1組/準決勝進出8組 8倍
ロッチ

吉本とワタナベの倍率が高い。
一方、準決勝に1組しか進出していないトゥインクルはともかく、
人力舎の倍率は際立って低い。

こうやって整理してみると、今年のKOCの審査は
バランスを重視した審査だったように見えます。
3回戦までは東西のバランス、他事務所と吉本のバランスを
ともに考えた倍率になっている。

一方、ファイナリスト審査では、あらゆる事務所から
バランスよく採るという路線に微妙に転換。
そのため、吉本と他事務所の倍率には開きが生まれる。
また、関西弁コント師が3組いるため、関西臭が排除されたことにはならないが、
在阪コント師は実質ほぼ不在。ジャルジャルを在阪コント師とするかは
微妙なところですが。

というわけで、全体的には非常に「東京のテレビ」に適った
ファイナリストの面々になった印象。

 

あ、ちなみに落選組のネタ詳細について、準決勝レポに
少し書き足すと予告しましたが、まだ取りかかってないので
もしこのコンビがやったネタについて更に詳しく、というのがあれば
拍手からでも言ってください。記憶にある範囲で善処します。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/03

[KOC2010]ファイナリスト決定

ちょい出遅れましたが、キングオブコント2010のファイナリストが決定。
出番順は以下。

1.TKO
2.ロッチ
3.ピース
4.キングオブコメディ
5.ジャルジャル
6.エレキコミック
7.ラバーガール
8.しずる

このような審査結果になりましたか。

まず、吉本と他事務所の比が一新。
2008、2009でともに維持されていた
吉本5:他事務所3の構図は崩れ、
吉本3:他事務所5と完全に逆転。
確かに、前記事見てもわかるように、東京勢の準決勝進出者については
吉本23組:他事務所28組と他事務所が若干上回っていました。
ただし、大阪勢は吉本16組:他事務所1組なので、合計すると
吉本39組:他事務所29組と吉本が上回るんですけどね。
なので自分の予想では、結局今年も吉本5:他事務所3が
維持されると思っていて、そのため直前予想もその比に従ってます。

他事務所5組になったことで、今回好調だった人力舎勢から
キングオブコメディとラバーガールの2組が進出しています。
ただ、さすがに人力舎から3組は選ばれず、鬼ヶ島は苦汁を舐める。

なお、今年から準決勝が東京大阪合同になったわけですが、
これに伴い大阪枠がほぼ全廃。
(予選から東京受験しているジャルジャルは合格していますが。)
結果、ファイナリストの吉本:他事務所の数が逆転。
合同準決勝は大阪勢にプラスに働くかと直前に予想しましたが、
結果はむしろ逆でしたね。

 

というか、直前予想はあまり当たりませんでしたw
10組名前挙げたのに4組しか当たってねぇw
ラバガとエレキは、レポの中では可能性に言及しましたが、
いろいろ考えて結局予想には入れませんでした。

TKOとロッチは予想できませんでした。
ロッチについては、ナベプロから1組来るとしたら
我が家よりもザ・ゴールデンゴールデンよりも有力候補のはずでしたが、
レポに書いたような個人的なネタの好みを予想に反映しすぎてしまった。

TKOは、すみません今思い出そうとしても
レポに書いた以上のことを思い出せないっすね…
なんか歌ってたことだけは確かなんですけどw
まぁ1日目のラストだったんで、コッチ側の集中力も切れかけだったかもw
あとこれも個人的な好みとして、もし人の歌を歌うネタだったとしたら、
賞レースに「本気で通るつもりで」そういうネタをやるのは
どうかと思っているので、そのせいで記憶が薄い可能性も。

ちなみにこの両者はともに1日目、2日目の大トリ。
大トリが進出するというジンクスがあるのか?

 

日程別にみると、ピース、ジャルジャル、TKOの3組が1日目受験、
キングオブコメディ、ラバーガール、しずる、エレキコミック、
ロッチの5組が2日目受験です。

1日目の大阪勢、天竺鼠、モンスターエンジン、かまいたちの3組が
いずれも落ちたのは残念。3組ともウケも出来も良く、
なおかつ大阪コント師らしいバカを貫いたコントを披露してました。
せめてあと1組はここから採ってほしかった。
まぁモンエンのはテレビでやるには多少問題あるっちゃ問題あるが…w

他に可能性を感じるくらいウケのよかった落選者は、
先にも挙げましたが鬼ヶ島と、あとインスタントジョンソン、
ある意味じゃ我が家、またザ・ゴールデンゴールデンも一番最初に
会場を盛り上げたので印象に残った。いずれも2日目受験者。

個人的には、1~2ブロック目の序盤で最初の盛り上がりを作った組は
少し加点されて然るべきと思いますが。
その意味も含めて、レポではピースの欄にこのように書きました。
> ただ、もちろんどの順番でもウケたネタとは思いますが、
> ここが受かるとしたら直前に大きく盛り上げたかまいたちと
> セットで受かってほしいと個人的には。

 

なお、準決勝と3回戦で同じネタをやっていたのは、調べた限り
合格者ではキングオブコメディとエレキコミックの2組、
主な落選者では鬼ヶ島、モンスターエンジン。
他はまとめて後でレポ中に追記します。

3回戦と同じネタが審査に不利になってるかはちょっと微妙なところですが、
やはりウケの出来が際立って良くないと、同じネタは
マイナス採点になってるかもしれませんね。

 

審査員の1人、中野俊成さんのTwitter上での
> 審査員も全員一致。でもかなりハイレベルでしたね。
という準決勝終了直後の発言は、
審査員全員の採点上位8組が完全一致した、という意味ではなく
「名前挙がった8組に、特に異論は出なかった」という風に受け取っていますが、
実際どうなんですかね。
8/30は21時頃に準決勝が終了して、遅くとも22:30には
審査決定してたようなので、時間的にもそれほど審査に難航はしなかった様子。

何度も書いていますが、決勝進出者は無条件で
ゴールデンでネタ2本するわけですから、
テレビ上、あまり挑戦的な人選ができないのは当然。
その上での今回の審査が比較的スムーズにいったというのは納得。

 

最後に、準決勝両日を観覧・レポした立場から
審査について正直な心情の内訳を言いますと、
喜ばしい気持ち3割、納得4割、あとの3割はちょっと色々思うところあり。
まあ3割の大部分はこの記事とレポに書けました。

一方、単なるライブ客としては、参加したどの日程も楽しみましたが
個人的には特に3回戦(東京2日目)がバラエティに富んでて見応えを感じました。
準決勝2日目は特にハイレベル、
準決勝1日目は東京の著名・ベテラン勢が普通ウケに沈んだ分、
普段あまり目にできない大阪勢のコントが健闘してたのはよかった。
ネットやオンバトなどで限られたネタだけ見ていると、
最近の大阪勢は枠組みのキッチリ整ったネタをやる傾向にあるのかと思ってましたが、
関西らしいバカを貫く荒ぶるコントもちゃんと観られたのは収穫。
ただ、そこから1組も選ばれなかったのは重ねがさね残念。
普段はそんな関西贔屓ではないつもりなんですが。

何にせよ決勝は、審査員イジリも含めて楽しみです。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/02

[KOC2010]準決勝進出者一覧

※観覧レポではありません。ただ結果をまとめた記事です。※

今更ですが、この記事をアップするのを忘れてたので一応。

<東京勢> 合格51組/112組

 ◇東京吉本 23組(シード11組)


インパルス(東京吉本) *シード組(08準決-09決勝)
2700(東京吉本) *シード組(08決勝-09準決)
グランジ(東京吉本) *シード組(08-09準決)
カリカ(東京吉本) *08準決
アジアン(東京吉本) 
カナリア(東京吉本) 
追加合格: COWCOW(東京吉本) *シード組(09準決)
追加合格: チーモンチョーチュウ(東京吉本)
追加合格: ブレーメン(東京吉本) 
------
しずる(東京吉本) *シード組(08準決-09決勝)
ジャルジャル(大阪吉本) *シード組(08準決-09決勝) 
アップダウン(東京吉本) *シード組(08-09準決) 
トータルテンボス(東京吉本) *シード組(08-09準決)
ジャングルポケット(東京吉本) *シード組(09準決)
ジューシーズ(東京吉本) *シード組(09準決) 
ピース(東京吉本) *シード組(09準決) 
アームストロング(東京吉本) *08準決 
野性爆弾(東京吉本) *08準決
スリムクラブ(東京吉本)   
平成ノブシコブシ(東京吉本) 
ものいい(東京吉本) 
ラフ・コントロール(東京吉本) 
追加合格: チョコレートプラネット(東京吉本) *08決勝

 

 ◆東京・他事務所 28組(シード16組)


ザ・ギース(ASH&Dコーポレーション) *シード組(08決勝-09準決)
エレキコミック(トゥインクル・コーポレーション) *シード組(08-09準決)
ドランクドラゴン
(人力舎) *シード組(08-09準決)
トップリード(太田プロダクション)*シード組(09準決)
ななめ45°(ホリプロコム)*シード組(09準決)
ハマカーン(ケイダッシュステージ)*シード組(09準決)
ラバーガール(人力舎)*シード組(09準決)
イワイガワ(浅井企画)*08準決
Wエンジン(ワタナベエンターテインメント)*08準決
フラミンゴ(エフ・エム・ジー)*08準決
我が家
(ワタナベエンターテインメント)*08準決 
ザ・ゴールデンゴールデン(ワタナベエンターテインメント) 
ずん(浅井企画)
(ワタナベエンターテインメント)
タイムマシーン3号(アップフロントエージェンシー)
ムートン(松竹芸能) 
追加合格: シャカ(ワタナベエンターテインメント)
------
ロッチ(ワタナベエンターテインメント) *シード組(09決勝)
TKO(松竹芸能)*シード組(08決勝-09準決)
インスタントジョンソン(太田プロ)*シード組(08-09準決)
鬼ヶ島(人力舎) *シード組(08-09準決)
キングオブコメディ(人力舎)*シード組(08-09準決)
ザブングル(ワタナベエンターテインメント)*シード組(08-09準決)
アンジャッシュ(人力舎)*シード組(09準決)
アメリカザリガニ(松竹芸能)
83幕府(ワタナベ?) 
追加合格: ザ・アンモナイト(ホリプロ)
追加合格: しゃもじ(ヴィジョンファクトリー) 

東京勢は、他事務所の合格者数が28組、
吉本の23組を上回る。

こうやって見ると、大体は名前を聞いたことあるんで
多少のテレビ露出している組が大半だったんですね。
露出低い組については、オンバトで見た組が多いですが。
こう考えるとオンバトは改めて偉大だな。
初耳だったのは83幕府とムートンの2組。

 

 <大阪勢> 合格17組/40組

◇大阪吉本 16組(シード8組)

 

天竺鼠(大阪吉本) *シード組(08-09決勝)
モンスターエンジン(大阪吉本) *シード組(08準決-09決勝)
かまいたち(大阪吉本)  *シード組(08-09準決)
銀シャリ(大阪吉本) *シード組(08-09準決)
ザ・プラン9(大阪吉本) *シード組(08-09準決)
さかなDVD(大阪吉本) *シード組(09準決)
GAG少年楽団(大阪吉本) *シード組(09準決)
ソーセージ(大阪吉本) *シード組(09準決)
シャンプーハット(大阪吉本) *08準決
ダイアン(大阪吉本) *08準決
テンダラー(大阪吉本) *08準決
学天即(大阪吉本)
トット(大阪吉本)
ポラロイドマガジン(大阪吉本)
和牛(大阪吉本) 
追加合格: アイロンヘッド(大阪吉本)

 

◆大阪・他事務所 1組(シード0組)


さらば青春の光(松竹芸能)

一方、こちらはbaseよしもとのトップ組から最多の10組。
さらにベテランのザ・プラン9、シャンプーハット、テンダラー、
ダイアンの4組。
残りはbaseよしもとオーディション2組と、
大阪唯一の他事務所、さらば青春の光。

個人的に初耳だったのは、ここはbaseのトップ組ですけどポラロイドマガジンと、
あとはオーディション組のトット、アイロンヘッド。

3回戦~準決勝の倍率についてはあとで詳しくまとめる予定。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/31

[KOC2010][LIVE]準決勝東京2日目8/30@赤坂BLITZ&直前ファイナリスト予想

発表までほんっとギリギリですが、2日目の分の準決勝レポを。
本当は予想記事も上げたかったけど間に合わないかな…。
とりあえずこのレポの最後に有力組を予想しとこう。

決勝でもやることを考えて、極力ネタバレしない書き方にしています。
決勝進出者が発表されたら、落選組についてはあとから詳しく内容を
追記するかもしれません。

この記事の通り3回戦東京2日目に参加したので、
そこで見たネタと同じネタをしていたところについては
そのように書きます。
東京1日目、大阪3回戦についてはわからないので、
後で3回戦でやってたネタが調べられたら
同じネタやってた組については追記します。

審査員はこの9名。2日間とも共通。
それぞれが個々の芸人につき100点満点で採点、
総合得点に基づき決勝進出者を選定するそう。
TBS 合田隆信チーフP(KOCプロデュースなど)
TBS 安田淳チーフP(KOCプロデュースなど/Wiki
TBS 坂本義幸P(リンカーン総合演出など)
TBS 江間浩司P(あらびき団プロデュースなど)
放送作家 高須光聖(Wiki) 
放送作家 長谷川朝二(笑っていいとも、すべらない話、リンカーンなど/Wiki) 
放送作家 内村宏幸(レッドシアター、サラリーマンNEOなど/Wiki) 
放送作家 中野俊成(アメトーーク、ロンドンハーツ、あらびき団など/Wiki) 
放送作家 松本真一(リンカーン、あらびき団、ケータイ大喜利など/Wiki)

この日は比較的前方の良席でした。

 

■Aブロック

 

ものいい「面接」
3回戦と同じネタでした。
トップバッターの役割を果たせていたとは言い難い。

ザ・ゴールデンゴールデン「宇宙人」
山崎「実は俺、宇宙人なんだ」
と告白して自分の星に帰ろうとする友人(山崎)を
2人(きたざわ・吉勝)が見送る場面。
この組でしっかり場が暖まる。
展開もセリフもキッチリ決まってました。
可能性はなくはないかも…?

イワイガワ「喫茶店のマスター」
男(井川)は彼女と思い出の喫茶店に待ち合わせするが、
結局彼女はやってこなかった。いつも黙ってコーヒーを淹れてくれる
マスター(岩井)に話しかけるが…。
オンバトでやってましたね。
うーん、よく出来たネタとは思うんだけど、
準決勝の猛者どもの中にいるとちょっとインパクト不足だったかなあ。
ウケも普通ウケ。

カリカ「伝説の剣」
伝説の剣を抜くと王女と結婚できるという設定の世界観なのに、
いつもと変わらずスーツのいでたちの林w
剣はあっさりと抜けてしまうが、王女が現れてから
改めて抜いてみせようと剣を元に戻すと、
そこへ現れる王女(家城・真っ白いドレス、ロングヘアのカツラつき)。
さすが吉本ブサイクランキング2年連続1位、
その容貌を存分に堪能できる前方席から特に良い反応をいただくw
オチは林が王女を剣でブッ刺して
王女「ホゲー!」
で終了wシュールとかそういうのを飛び越したバカバカしさでよかったですw
王女「一緒にゼクシィの表紙を飾ろう!」w

インスタントジョンソン「カラオケ」
インスタントジョンソンの代表ネタですね。
カラオケで部長(すぎ)を接待するサラリーマン(ゆうぞう・じゃい)。
歌ネタというのもあってか、前半組の中ではかなりウケてましたね。
歌ネタだと爆音が気になって自分は周囲ほど爆笑はできませんでしたが、
ここまでで一、二を争う出来。可能性は結構あると思います。
MCあべ「楽しいね~インスタントジョンソンさん。
カラオケ行きたくなっちゃった☆」w

 

■Bブロック

 

ポラロイドマガジン「都道府県で文化祭の屋台決め」
生徒が各都道府県という設定の学校で、文化祭の出し物を決める。
2人(リーダー・ナターシャ※注:芸名)が代わる代わる
いろんな生徒(都道府県)を演じて、文化祭で出す食べ物を提案。
それを教師(デビ)がツッコんでいく。初見のトリオでした。
香川「讃岐うどん」
山口「てっちり」
新潟「白ごはん」
滋賀「水」
といった具合。
教師「こら福岡、長崎の出島を引っ張るな」w
各都道府県の個性や、2人が隣合った都道府県を演じることで
そのあたりの関係性も出てて、トリオならではの
ネタだったんじゃないでしょうか。
ただ、確かによく出来てるネタなんだけども、これは
同業者が評価するタイプのネタじゃないだろうっていうのはありますね。

ジャングルポケット「秀才とバカ」
3回戦と同じネタ。
誰かのミスがあったりテンポが悪かったり
ひどく緊張していたということはなかったと思うんですが、
3回戦のときほど客席を味方につけて盛り上げることはできなかったな。
つまりは3回戦のときがドえらい絶好調だった、という結論に落ち着きましたw

さらば青春の光「カタカナ言葉」
居酒屋で飲んでいるサラリーマン。
先輩(森田)が後輩(東口)に向かって講釈をたれるが、
覚えたてのカタカナ言葉をやたら入れ込みたがるというネタ。
なんだか部分的にオンバトかどっかで見たような…
+1投票PRかな?
うろ覚えだが、「インスパイア」、「ポテンシャル」、
さらに後輩の口から出た「ベクトル」もすぐに吸収する先輩w
後輩が面白がって、
後輩「でも、
グローバルエグゼブティブマルチメディアコミュニケーションの面から言うと」w
どうでもいいですが2人とも坊主のコンビは珍しいですね。

Wエンジン「東京に嫁ぐ娘」
オンバトでも何回か見た、素直になれない人シリーズ。
なんか感動コントだったので、なぜこの場でコレを…?という意味で
ニヤニヤしながら観てましたw

アップダウン「人質」
人質をナイフで脅して身代金と車を要求する犯人(阿部)を
説得する刑事(竹森)だが、もう1件立てこもり事件が起こって…。
よく出来ていてウケてました。3年連続準決勝も納得。
アップダウンってオチまでキレイに整ったコントをするタイプだったんだなあ。

 

■Cブロック

 

鬼ヶ島「くまのぬいぐるみ」
3回戦と同じネタ。3回戦でもウケてましたけど、
今回のがさらにウケてたんじゃないでしょうか。
これは可能性ありますよ。
というか、大川原の持っているぬいぐるみが三回戦と
変わってた気がする(より大きな白いくまになってた?)のは
気のせいかな?

ダイアン「ジャンケンの修行」
ジャンケンの師匠(西澤)のもとで2年間修業している弟子(津田)。
しかし一向に師匠に勝つことはできない。
やたら西澤が高野豆腐にこだわる下りは漫才を彷彿と。

ななめ45°「電器屋の二股」
ここの代表ネタの一つ。後半はだいぶアレンジ加えていたかな?
うーん、ウケは悪くはなかったと思うが、
やはり既知ネタへの反応って感じでしょうか。

アメリカザリガニ「父親とデート」
風邪で寝込んで彼氏(柳原)とのデートに来れなくなった娘の代わりに、
父親(平井)と遊園地デートすることに。
3回戦も今回も「父親」がテーマでしたが、
何かこだわりでもあるんでしょうか?w
若干ホモコントの様相も。
ジェットコースターは大丈夫ですか?との問いに、自信満々に
父親「愚問だ」w

シャンプーハット「失礼教室」
シャンプーのコントネタは初めて見ました。
てつじの誘い笑いは漫才では気にならないけど
コントにはそぐわないかな。
ブーツインの上にジャケットをズボンにインするいでたちで登場した小出水、
小出水「ズボンがブーツに、ジャケットがズボンに、
私がジャケットに食べられている。これが、食物連鎖です」
何の話だw

 

■Dブロック

 

83幕府「宝くじ」
夫(永渕)の帰りを待つ妻(山崎)が、宝くじの発表を
新聞で確かめると、なんと1千万円が当たっており…。
3回戦では気にならなかった、山崎の声質と永渕の演技力が
気になってしまう出来。山崎は喉の調子を崩してたのか?

ラバーガール「猫カフェ」
猫カフェにやってきた客(飛永)とそこへ現れた店員(大水)。
どこかの番組で見たことあるネタ。でも後半はだいぶ変わってましたね。
いやー展開もセリフも良く出来てて、それまでホントに
よくウケてましたが、オチ付近で大水が噛んだのがどう評価されるか……。

トップリード「ヨクルトレディ」
刑事(和賀)と顔なじみのヨクルトレディ(新妻)が、
事件の起こった現場まで配達のバイクで送ってくれるという。
そこから始まるヨクルトレディの大活躍w
トップリードってこんなバッカバカしい茶番的なコントする
コンビでしたっけ?w何かいつもこう、ちょっと
捻ったネタをするイメージが。
と思いながら観ていたら、最後は
やっぱり何か一筋縄ではいかない感じのオチだったw

しずる「シナリオ通り」
協力関係の泥棒2人組だったが、一人(池田)が金庫を開けている間に、
もう一人(村上)が銃口を向ける。しかし、すべて
こちらのシナリオ通りだと池田。
ウケてましたが、個人的には即決勝行きと思うほどの
出来のネタではなかったかな。
3回戦のネタは村上も笑いを取りに行くネタでしたが、
こちらは池田の比重が大きすぎて若干バランスが悪いような気も。
でも今回のウケを見ると合格の可能性は高いと思います。

シャカ「予備校」
必勝と書かれたハチマキを巻いた予備校教師(大熊)と生徒(植松)。
随筆を朗読しているはずが湘南の風の「純恋歌」、
EXILEの「CHOO CHOO TRAIN」を突然歌い出す教師。
純恋歌ってちゃんと聞いたことないすけどRAP入ってんすねw

 

■Eブロック


キングオブコメディ「誘拐」
3回戦と同じネタでしたが、いや~ウケてました。
この日一、二を争うくらいじゃないでしょうか。
これは確実に行ったと思います。
この日は最初から今野がギア全開。
3回戦からアレンジしてる部分も。
おそらく合格すると思うんで詳しくは書きませんが、
ほぼ完璧に狙い通りに笑いをとってたと思います。

ザブングル「相談」
友人の加藤に恋愛相談を持ちかけた松尾。
「何で!?」のフレーズを入れたのは賞レースではどうなんでしょう。
ケータイを折るところでは部品が飛び散るほどの勢いで、
驚きの声が上がってました。

我が家「野球部」
あれ?杉山ってまだ退院してなかったんでしたっけ。
今回も音声のみの出演で、基本は坪倉と谷田部の2人コント。
野球部のエース(谷田部)と監督(坪倉)は、
肩を怪我して入院しているキャッチャー(杉山)が
試合までに回復できるか心配している、という現実に沿った設定w
谷田部「8月30日の準決勝には間に合いますか?」w
でも2人でよく頑張りましたね。
ただもしそれで決勝に上げるとしたら、いろんな意味でどうかと思いますが…。
杉山いらないじゃん、とかそういう意味でもねw

ザ・プラン9「小道具の取り違い」
前半に普通の芝居、
後半は小道具を取り違えた芝居(コント)をするという設定。
後半ウケてはいましたが、多分狙いほどの
ウケの量ではなかったんじゃないかな。

 

■Fブロック

 

グランジ「僧コン」
合コンにきた女性(佐藤)だが、やってきたのは二人のお坊さん(遠山・五明)。
いつも思うが佐藤大が女性役は無理ありすぎて、
その時点で若干の笑いが。
これ勝負ネタだと思いますが、合格もぎとるほどのウケではなかったかな。
最後は五明が卒塔婆で佐藤を挟み込むw
グランジは大きな動きが見所なんで、こういうメチャクチャな部分に
時間を割いてパワフルにやりきれば、合格も見えてくると思うんだが。

カナリア「結婚式から」
着崩れた礼服の初老の男(安達)と、その腕を引っ張る若い男(ボン)が
静止したポーズで照明暗めの板つき。
そのまま、若い男とその元カノらしい女性の
電話での会話が音声で流れる…という構成。
カナリアらしい若干ひねったネタでしたが、オチは
何となく物足りなかった。

チーモンチョーチュウ「ファミリーマート」
ファミマの入場音がやたらと長くてどんどんアレンジが足されてって…
ていうほとんど台詞なしのネタですが、正直これは
音作ってくれた裏方スタッフの功績でしょう。
爆音すぎて全体のウケ具合は確認できず。

ハマカーン「絵本の住人」
子供(神田)が絵本の中に入ろうとしたら、絵本の住人(浜谷)が
玄関からやってきた、というネタ。
ハマカーンのコントネタは初めて見たけど、後半から
浜谷が怒り爆発して暗転しても喋り続けてるってところは
漫才と変わらないんだなw

野性爆弾「鳥を取りに」
このネタはどっかで見たことありました。
ほぼ3回戦のネタと同じフォーマットでしたが、
結構ネタを長くやってしまったので、
強制暗転までの最後の川島の静止時間は短めでしたw

 

■Gブロック

 

アームストロング「女子バレー部」
「やめなやめな~」は一下りくらいしか含まれてませんでしたが、
このタイプのネタかぁ、と。
「誘拐」は他と被るからともかく、「バイトの面接」とかの方が
準決勝向きと思いますがね。
ウケも合格をもぎ取るほどではありませんでした。

ラフ・コントロール「病気の子供に野球選手が約束」
3回戦と同じネタです。
3回戦と印象変わらず。重岡が少し緊張してましたかね?
ウケは苦戦気味。

エレキコミック「叔父にお小遣いをねだる甥」
久しぶりに会った親戚の叔父(今立)に、ひたすら
お小遣いをねだる小学生の甥(やつい)。
やついの熱演でかなりウケてましたね。
もしかしたらもしかするかもしれませんが、どうなるか。

ロッチ「催眠術」
催眠術の師匠(中岡)とその弟子(コカド)が喫茶店で話している。
ウケてはいたと思いますが、個人的にはロッチの
同じ下りを何度も繰り返すしつこいネタはそんなにハマれないかな。

 

◆感想

人力舎勢が好調。
ラバガのオチ付近の噛みは悔やまれますが…。
人力舎1組は確実、もう1組行くかどうかはわかりませんが。

3回戦と同じネタをやって3回戦以上のウケをなかなか貰えない組が多い中、
同じネタでありつつ、改良やアレンジを加えて3回戦を上回るウケを貰う
キンコメは目立ちましたね。鬼ヶ島もぬいぐるみを新しく替えてたかな?

ライブ客としては、前日よりもこの日の方が楽しめました。
しずる、我が家などのTVコント師が健闘、
インスタントジョンソン、エレキコミック、ザ・ゴールデンゴールデンなど
非吉本が好調。
また、カリカ、アップダウン、アメリカザリガニ、シャカらの
メディア露出の限られているベテランがそれぞれバカやったり
丁寧なネタをやっているのを観れたのは収穫。
それに対して、この日の東京若手はやたらと順番が続いてましたけど、
やや不甲斐なかったかな。

この日自分が全く知らなかったのはポラロイドマガジンだけでしたが、
ここも面白かったですね。

 

◆直前予想

ギッリギリですが、とりあえず準決勝2日間観た上で予想。
というかもしかしたらもう発表されてたりして…w

あと、ナベプロから1組来るんじゃないかと憶測。

パターンA

ジャルジャル
しずる
モンスターエンジン
天竺鼠
ピース
我が家
キングオブコメディ
インスタントジョンソン

一番可能性高いんじゃないんでしょうか。

パターンB

ジャルジャル
しずる
モンスターエンジン
天竺鼠
かまいたち
インスタントジョンソン
キングオブコメディ
鬼ヶ島

大阪3枠(ジャル含めれば4枠か…)は考えづらいと思いますが、
東京大阪合同にしたのでもしかしたら?
でも人力舎から2組ってありえるんすかね…。

ラバガはこう予想するとやっぱり入ってこない…。

さあ、ではKOCブログを見に行くかw

::::::10:55追記:::::
まだ発表されてなかったので、予想と書式をちょい直しました。
というか、パターンBの予想の方、ミスで7組しか入っていなかった…w

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[KOC2010][LIVE]準決勝東京1日目8/29@赤坂BLITZ

発表までギリギリですが、とりあえず
1日目の分の準決勝レポを上げておきます。
去年を参考にすると今日10~11時くらいに発表ですよね。

まあたぶんもうどっかで情報が漏れてると思うんですが、
情報も他のレポもまだ見て回ってチェックしてません。
なのでもしかしたらミスあるかもしれません。
決勝でもやることを考えて、極力ネタバレしない書き方にしています。

この記事の通り3回戦東京2日目に参加したので、
そこで見たネタと同じネタをしていたところについては
そのように書きます。
東京1日目、大阪3回戦についてはわからないので、
後で3回戦でやってたネタが調べられたら追記します。
でも3回戦と準決勝が同じネタの場合、減点対象になるんですかね?
まあこれは各審査員の傾向によるか。

審査員はこの9名。2日間とも共通。
それぞれが個々の芸人につき100点満点で採点、
総合得点に基づき決勝進出者を選定するそう。
TBS 合田隆信チーフP(KOCプロデュースなど)
TBS 安田淳チーフP(KOCプロデュースなど/Wiki
TBS 坂本義幸P(リンカーン総合演出など)
TBS 江間浩司P(あらびき団プロデュースなど)
放送作家 高須光聖(Wiki) 
放送作家 長谷川朝二(笑っていいとも、すべらない話、リンカーンなど/Wiki) 
放送作家 内村宏幸(レッドシアター、サラリーマンNEOなど/Wiki) 
放送作家 中野俊成(アメトーーク、ロンドンハーツ、あらびき団など/Wiki) 
放送作家 松本真一(リンカーン、あらびき団、ケータイ大喜利など/Wiki)

赤坂BLITZはキャパ600、日経ホールとほぼ同じ。
日経は備え付け椅子、こちらは折り畳み椅子で詰めてあるので
だいぶ後ろの席でも演者の表情を視認可。
後部座席から見た舞台の近さはBLITZに軍配。
ただし、各列に傾斜がついてるわけじゃないので人の頭が気になる場合も。
1階席アリーナ、後方席右、後方席左、2階席と
ブロック分けされてるので、笑いの起き方も島ごとに違って聞こえる。
2階席は列ごとに傾斜がついてるので、なまじっかな1階席より
2階席のが見やすかったかもしれません。

 

■Aブロック


10分ほど遅れて開演、あべこうじが5分ほどMCして開始。
トップバッターがそこそこ頑張った割には、やや低調な立ち上がり。
このブロックから合格者が出るのは考えにくいかな。

2700「右ひじ左ひじ交互に見て」
トップバッターの歌ネタは不利かなとも思いましたが、
まあいつも通り最後までバカをやりきる。
AGEAGE LIVEでも何度もやってる勝負ネタの一つ。
そこそこウケてたと思います。
MCあべ「な~んで初っ端から右ひじ左ひじ見なきゃいけないんだろ?」w

トット「英会話教室」
ネタ前に暗転中マイクで自己紹介、
「想像をちょっと超える男前と、想像を遥かに超える身長の持ち主です」
ここまでするのはレアにしろ、おおむね関西芸人は
「○○(コンビ名)のコント、△△」と言ってくれるから
覚えやすくて助かりますね。
ただしトップバッターからの流れを保てず、
ここで一旦ウケが沈んでしまった印象。

スリムクラブ「初対面」
3回戦と同じネタ。でも3回戦よりウケは来てませんでした。
笑いの起き方も、笑ってる人は結構笑ってる一方、
通じてない人には全く通じてないという感じ。

ザ・アンモナイト「ベネズエラの昼ドラ」
ここも3回戦と同じネタ。細部は変えてたかな?
それにしても、いや面白いけど、どう考えても決勝に通らないここを
なぜ追加合格させたのか…w

ジューシーズ「言い間違い」
ここも3回戦と同じネタ。しかし3回戦よりウケは一段下。
赤羽「代官山にいいカフェができたんですよ。……あ、まちがえた、
あなたたちが来ることはわかってました」
が一番ウケていた箇所かな。

 

■Bブロック

 

アイロンヘッド 「おっさんが何とかしたる」
願い事を3回言えるよう、おっさんが流れ星(の被り物をした男)を
止めようとしてくれるが…。
初見コンビでした。baseオーディション組なんですね。
途中まで好調だったんだが、終盤まで持ってくパワー不足だったかな。

ブレーメン「バンドマン」
苦戦してましたね。途中からのリズム芸「誰やねんどこやねん」は
見たことありました。
ただ、どうせリズムネタに入るなら、2700みたく思い切って
初っ端からリズム芸から入ればいいと思いますが。

GAG少年楽団「定食屋」
カレーを楽しみに食べに来たサラリーマン(福井)だったが、
隣の中学生二人(坂本・宮戸)がウンコの話をし始めて…。
福井の熱演が光ってましたね。
この前オンバトで見たネタよりだいぶ面白かったんですが、
合格するウケまでは届いてなかったかな。

かまいたち「ホームルーム」
給食費が盗まれた、とホームルームで話す教師(濱家)。
教師「犯人探しをするつもりはない」
と言うが、それに対し
山内「このままじゃ皆のこと信じられなくなっちゃいますよ!」
と激しく憤りをあらわにする生徒の一人(山内)だったが…。
ここはもしかしたらもしかするかもしれませんよ。
ここまでのラインナップで一番最初のピークを作った印象。
舞台上でタバコふかしたのにはビックリしましたw
山内「かぶる派か履く派か!」w

ピース「ヤマンバ」
市の職員(綾部)がヤマンバのような老婆(又吉)の家を訪れる。
浸透し始めた自分たちのキャラを活かしたよく出来たネタ。
MCあべ「昼ドラでもなかなかない展開でしたねぇ~」w
ただ、もちろんどの順番でもウケたネタとは思いますが、
ここが受かるとしたら直前に大きく盛り上げたかまいたちと
セットで受かってほしいと個人的には。

 

■Cブロック

 

さかなDVD「ボクシング」
ここは今回一、二を争うぐらいの厳しい状況になっていました。
いつだったかのM-1予選動画1本しか見たことありませんが、
それは結構面白いネタだったんですが。
やっぱりこういう自由な類の芸風は、漫才という枠組みに
ある程度閉じ込めなきゃいけないのかもしれません。

学天即「葬式」
喪服を来た葬式参列者の男(奥田)のもとへ、
顔を黒塗りした変な格好で来てしまった友達(四条)がやってくる。
普段は漫才師だと思ってましたが。
どちらかと言うとツッコミで笑いをとるタイプのコント。
結構いろんなワードが面白かったんですけど、コントの喋りとしては
ほんのちょっとだけ間が速かった印象。漫才の間なんでしょうね。

・タイムマシーン3号「エレベーター」
止まってしまったエレベーターに乗り合わせた二人。
一人は派手な紫スーツの上下に緑のネクタイにサングラスした男(山本)、
もう一人は赤いつなぎにドテラのようなものを着た男(関)。
山本が「GReeeeN」だの、関が「鳥山明」だの
どんどん正体を明らかにしていって畳みかける展開なんだが、
ちょっとターボかけるのが早すぎて、会場がその勢いに
ついてけなくなっていました。
M-1スタンスのまま作ったネタ展開という感じ。

インパルス 「ワイドショー」
ワイドショーの本番前、アイドルの写真集について話している
男性キャスター(板倉)。
本番では女性アナウンサー(堤下)と一緒に芸能ニュースを伝えるが、
トップニュースはそのくだんのアイドルとミュージシャンMASAYAとの熱愛。
「ガシャーン」「メラメラ」「ポックリ」w
よく出来たネタでしたが、こことしては
「行ったな」という手ごたえあるほどのウケではなかったような…。

テンダラー「文化祭の出し物決め」
テーマは後の1組と被ってましたが、構成自体は違うから
特に問題ないでしょう。
何というか、しっかりしたネタではあるんですけど
こういう賞レースの場で観るにはインパクト不足の印象。
そもそもテンダラーのネタは漫才コント含めて初めて見たんですが、
元々こういう感じの芸風って気もするな。

 

■Dブロック

 

天竺鼠「夫婦」
初老の妻(瀬下)が待つ家に帰ってきた初老の夫(川原)。
これぞ川原っつう、いいキャラのネタ。
ウケてましたし、こりゃ今年も行くんじゃないでしょうか。
これを決勝でやってハマれば、どうにかなる可能性もあるかも。
もう一本が問題ですけどね。

銀シャリ「出前」
男(橋本)が電話で出前を頼むと、なぜか注文を直に聞きに
家まで来た出前屋(鰻)。
鰻「かやくおにぎ…?」
橋本「そこまで聞き取れたならわかるやろ、脳の予測変換を使え」w
出前の到着が遅いと文句言う男に、
鰻「じゃあ僕が台所借りて料理作りましょか?」
橋本「いらんいらん、なんでもの頼んで俺何か失うねん」w
銀シャリは、コントでも橋本が主導権にぎり気味で
ツッコミワードで笑い取る形なんですね。
ウケはそこそこ、やや落ち着き気味だったかな。

和牛「何でこいつ俺に聞くん」
日本に来て一年、京都を訪れた外国人(水田・金髪に付け鼻)。
そこへ、外国人に道を聞く日本人(川西)。
コントタイトル通りのネタですw
外国人「何でこいつ一期一会知らんネン!」
日本人「IchigoIchie…?」
外国人「ちがうちがうちがう、英単語ちゃうカラ」w
普段とボケツッコミが逆になってたようですが、よく出来たネタ。
ウケてましたけど、知名度の低さをカバーするほどのウケには至らなかったかな。

チョコレートプラネット「ナイフ」
ナイフで襲おうとする黒づくめの強盗(長田)と、それを
何とか阻もうとする男(松尾)だが、 男が抜けてるせいで
せっかく落としたナイフもすぐに強盗のもとへ渡ってしまう。
何すかね。3回戦以来、台詞なしコントにハマってんでしょうかw
最後は男が刺されて松尾叫んで終了w

ドランクドラゴン「不動産屋」
ウケは悪くなかったですが、しかしドラドラを
この程度のウケで通すほど良くもなかったように思います。

 

■Eブロック

 

ここまでで20組が終了。
今回は休憩なしのブッ続けでした。

ソーセージ「知らんこといっぱい」
文化祭の準備をしている3人の男子生徒。
準備頑張ろうな、と言い合う中、1人の生徒(山名)が
「俺、帰ってええ?」と言い出すところからコントが展開。
ブラックだったなぁ…wでもよく出来たネタでしたね。
ただ、ここも知名度をカバーするウケだったかどうかは微妙なところ。

モンスターエンジン「自動車教習所」
自動車教習所にやってきた男(大林)のもとに、
角刈りの教官(西森)がやってくる。
口調は丁寧だがやたらと早口。
変な人が来る系のコントでしたが、これもまぁ
その変な人キャラが西森によくハマってましたね。
周囲の席から「本物…?」という声が囁かれる中、
一点を見つめながらスタンガンをバチバチバチバチバチバチとつけたまま
静止する西森は、マジでモノホンの頭イッちゃってる人にしか見えませんでしたw
面白かったしウケも来てました。
天竺鼠と並んで今年も行くんじゃないすかね。大阪枠だし。 
ただこれテレビでやるにはいろいろ問題あるな…w

ムートン「海外赴任」
海外赴任が決まっているサラリーマン(伊藤)が赴任先で
モテてる自分をシミュレーションし、それに呆れる友人(島田)。
初見コンビ。やや印象薄いです。

しゃもじ「無人販売所」
ここはかなり苦境に立たされてましたね。

トータルテンボス「リフォーム」
いつものトータルテンボスという印象。
普通ウケだったので合格したとは特に思わなかったかな。
3回戦のネタのが出来は良かったと思います。

 

■Fブロック

 

ジャルジャル「くしゃみ」
居酒屋で飲んでいるサラリーマン2人だが、
2人ともくしゃみやゲップ、あくびが変。
この日一番のウケだったんじゃないでしょうか。
合格は間違いなしでは。
自分もニヤニヤして観てましたが、周囲ほど爆笑はできなかったかな。
初めて見たジャルジャルのネタが20分尺の「しりとり」だったので、
たぶん自分はここの長尺ネタが好きなんだと思います。

平成ノブシコブシ 「借り物競走」
妻の出産を病院で待つ夫(徳井)のもとに、
近くの小学校でやっている運動会に参加してる男(吉村)が
ジャージ姿で借り物競走の紙を持ってくる。
お題は「もうすぐ赤ん坊が生まれる父親」。
ジャルジャルのウケの恩恵も受けつつですが、ネタ自体も
3回戦よりは出来よかったと思います。
ただちょっと、ここでオチだろってとこでまだ続くので、
そこはスパッと終わらせた方がよかった。

フラミンゴ「文化祭の出し物決め」
文化祭の出し物を決めるための話し合いで、司会(吉田)に
いちいちチャラい男(竹森)が茶々を入れる。
それを笑顔でうなずきながら黙って聞いているもう1人の男(辻本)。
うーん、よく出来てたんですが、これがたとえば
決勝でやったとして同業者の高い評価を得られるとは思わないなあ。

アジアン「服屋の店員」
はしゃぎながら下ネタクイズを出し合う服屋の店員だが、
返品しに来た客に逆に商品を買わせたりと仕事では有能。
アジアンってこういうコントやるんだっていう印象。
笑いの展開は少なめで、形態模写のコント。

COWCOW「世界の偉人」
サンドウィッチの語源がサンドウィッチ伯爵からのように、
ものの語源となった人名(っぽいワード)でボケていくスタイル。
唯一モニター使ったネタでした。
去年もそうだったようですが、モニター使っての合格は
可能性低いんじゃないでしょうか。今回は笑いも少し弱かった印象。

 

■Gブロック


最後のブロックでしたけど、前ブロックのジャルジャルが
笑いのピークで、その後は爆発したところがいなかった印象。
したがってジャルジャル以降からは合格者出ないんじゃないかと予想します。

ザ・ギース「オーディション」
コントタイトルがつけづらいですね…。
パンと手を叩くと、
「…ていうのなんですけどね」とそれまでの設定が覆っていく、
というのがずっと続くネタ。
これオンバトで見たんですけど、オチがちょっと変わってたかな。
正直、ギースの世界観爆発のこのコントをこの場でやってどうしたかったんだ、
ていうのはちょっとありましたかね。
端的に言うと、オンバトで見たときもそうですが
こういう形式のネタをテレビでやるのは個人的にはあまり感心しない。
単独ライブでやるタイプのネタと思う。

「空想ショートコント」
いや、面白いですけどショートコントですし、
エンタ見てる気分に…w

ずん「試食コーナー」
ウケが落ち着いていましたね。

アンジャッシュ「居酒屋」
部屋の中で一人で携帯で話してる客(渡部)と、
部屋の外にいてその声を聞いている店員(児嶋)の勘違いコント。
エンタでお馴染み。
もちろんスベってはいないけれどアンジャとして十分なウケは……どうかなあ。

TKO「ディナーショー」
貰いもののチケットでよく知らない芸能人(木下)の
ディナーショーへやってきた客(木本)。
木本が頑張って椅子でコケてたりしたのは覚えてますw

 

◆感想

今回大阪勢は頑張ってたと思いますが、
特に東京の著名・ベテラン勢は普通ウケに沈んだ印象。
ただベテラン勢に関しては、自分含め客サイドは結局「視聴者」なわけで
何回も見慣れているネタの反応が比較的落ち着いたものになるのは当たり前。
そこをプロの審査員がどう判断するかはわかりません。

なまじ比較対象がある分アレですが、正直言って
ただのライブ客としては3回戦東京2日目の方が
バラエティ富んでいて面白かったです。
今思うと3回戦は、無名の気鋭、バカやりきる奴ら、
TVコント師や若手実力者などバラエティに富んだ活躍があって
すごく満足感高く帰れたんですね。

全体的にやや低調だったため、受けた組は際立っていましたね。
今回は、無名で頑張ったところもバカやりきるところも、
両方大阪勢が多かった印象。
あとは決勝でも緊張せずに大いにバカをやり切ってほしいもんですが。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/29

[KOC2010]3回戦大阪 合否まとめ

※こちらは観覧レポではありません。ただ結果をまとめた記事です。

■合格者

<3回戦大阪8/17合格 17組(シード8組)> 17組/全40組 2.35倍
さかなDVD(大阪吉本) *シード組(09準決)
ザ・プラン9(大阪吉本) *シード組(08-09準決)
トット(大阪吉本)
ポラロイドマガジン(大阪吉本)
ソーセージ(大阪吉本) *シード組(09準決)
天竺鼠(大阪吉本) *シード組(08-09決勝)
モンスターエンジン(大阪吉本) *シード組(08準決-09決勝)
さらば青春の光(松竹芸能)
和牛(大阪吉本)
ダイアン(大阪吉本) *08準決
GAG少年楽団(大阪吉本) *シード組(09準決)
かまいたち(大阪吉本)  *シード組(08-09準決)
シャンプーハット(大阪吉本) *08準決
学天即(大阪吉本)
銀シャリ(大阪吉本) *シード組(08-09準決)
テンダラー(大阪吉本) *08準決
追加合格: アイロンヘッド(大阪吉本)

ここまで来ると大体の名前はわかりますが、2,3初めて聞くところも。
ベテラン勢ではザ・プラン9、シャンプーハット、テンダラーが
準決勝進出してます。
あとはさらば青春の光以外は、ほぼbase勢ですかね。
モンスターエンジン、天竺鼠、ジャルジャル、銀シャリ、
かまいたちなどのM-1との両刀組は順調に準決勝に進出。 

□吉本落選者

<3回戦大阪8/17吉本落選 20組>
ドレッドノート *シード組(09準決)、シャングリラ *シード組(09準決)、プラスマイナス *シード組(09準決)、
クロスバー直撃 *08準決、
キタク、中張又張(NSC大阪)、ピートラス、ボンボンヤサゴナボン、ラブ&マンモス※新喜劇・去年準決進出した「ザ・マンモス」に1人加えたトリオ、大根おろしにジャコかけて※新喜劇、タナからイケダ、モストデンジャラストリオ、ガスマスクガール、祇園、スーパーマラドーナ、ディスイズマイライフ、ドルフィンズ、ななまがり、山が動く、乱太郎

シード組ではドレッドノート、シャングリラ、プラスマイナスが落選。
他、コント師と思われるクロスバー直撃、モストデンジャラストリオ、
ガスマスクガールらも落ちる。
クロスバーやモストデンジャラストリオ(元極悪連合)は
賞レース受けしないからともかくとして(w
ガスマスクガールは去年M-1では準決勝進出してましたが、
こっちではまだ準決勝はないのか。

 

□他事務所落選者

<3回戦大阪8/17他事務所落選 3組>
チョップリン(松竹芸能) *シード組(08-09準決)、
どいたか(アマチュア)、一二三(不明)

シードのチョップリンがここで落ちましたか…。
大阪受験の非吉本では最も期待できるとこだと思ってましたが。
うーん、では準決勝ではさらば青春の光を楽しみにします。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[KOC2010]3回戦東京 1日目~2日目 合否まとめ

※こちらは観覧レポではありません。ただ結果をまとめた記事です。
3回戦東京2日目のレポはこちら

 

■合格者 51組/全112組 2.20倍

<3回戦東京1日目8/12合格 26組(シード11組)> 26組/全54組 2.08倍
イワイガワ(浅井企画)*08準決
我が家(ワタナベエンターテインメント)*08準決
ずん(浅井企画)
エレキコミック(トゥインクル・コーポレーション) *シード組(08-09準決)
タイムマシーン3号(アップフロントエージェンシー)
ザ・ギース(ASH&Dコーポレーション) *シード組(08決勝-09準決)
フラミンゴ(エフ・エム・ジー)*08準決
アジアン(東京吉本)
カリカ(東京吉本) *08準決
ムートン(松竹芸能)
カナリア(東京吉本)
トップリード(太田プロダクション)*シード組(09準決)
ハマカーン(ケイダッシュステージ)*シード組(09準決)
グランジ(東京吉本) *シード組(08-09準決)
(ワタナベエンターテインメント)
2700(東京吉本) *シード組(08決勝-09準決)
ラバーガール(人力舎)*シード組(09準決)
インパルス(東京吉本) *シード組(08準決-09決勝)
ザ・ゴールデンゴールデン(ワタナベエンターテインメント)
ななめ45°(ホリプロコム)*シード組(09準決)
Wエンジン(ワタナベエンターテインメント)*08準決
ドランクドラゴン(人力舎) *シード組(08-09準決)
追加合格: ブレーメン(東京吉本)
追加合格: シャカ(ワタナベエンターテインメント)
追加合格: COWCOW(東京吉本) *シード組(09準決)
追加合格: チーモンチョーチュウ(東京吉本)

<3回戦東京2日目8/13合格 25組(シード14組)> 25組/全58組 2.32倍
アップダウン(東京吉本) *シード組(08-09準決)
ジャルジャル(東京吉本) *シード組(08準決-09決勝)
ものいい(東京吉本)
ジャングルポケット(東京吉本) *シード組(09準決)
スリムクラブ(東京吉本)
アメリカザリガニ(松竹芸能)
83幕府(ワタナベ?)
鬼ヶ島(人力舎) *シード組(08-09準決)
TKO(松竹芸能)*シード組(08決勝-09準決)
アンジャッシュ(人力舎)*シード組(09準決)
ロッチ(ワタナベエンターテインメント) *シード組(09決勝)
ピース(東京吉本) *シード組(09準決)
ラフ・コントロール(東京吉本)
トータルテンボス(東京吉本) *シード組(08-09準決)
平成ノブシコブシ(東京吉本)
インスタントジョンソン(太田プロ)*シード組(08-09準決)
アームストロング(東京吉本) *08準決
しずる(東京吉本) *シード組(08準決-09決勝)
ジューシーズ(東京吉本) *シード組(09準決)
キングオブコメディ(人力舎)*シード組(08-09準決)
ザブングル(ワタナベエンターテインメント)*シード組(08-09準決)
野性爆弾(東京吉本) *08準決
追加合格: チョコレートプラネット(東京吉本) *08決勝
追加合格: しゃもじ(ヴィジョンファクトリー)
追加合格: ザ・アンモナイト(ホリプロ)

ほぼ半分がシード組。
一方で、初出場のタイムマシーン3号が
ここまで進出してるのはうれしい。
M-1では参加出場資格失っているはずですから。
その他も、前年度は2回戦以下で落ちている組が
結構ここまで進出してますね。
前年度1回戦落ちなのはブレーメン、83幕府、
ザ・アンモナイト。

東京の合格者では芸歴15年前後のベテラン勢が結構目立ちます。
ざっとわかるだけでも、TKO、COWCOW、アップダウン、
ドランクドラゴン、インスタントジョンソン、エレキコミック、
アンジャッシュ、野性爆弾、シャカ、アメリカザリガニ、
カリカ、ずんなど。
この辺りから1組は決勝に来るかもしれませんね。

 

□吉本落選者 26組

<3回戦東京1日目8/12吉本落選 10組>
ザ・パンチ *シード組(09準決)、ハイキングウォーキング *シード組(09準決)、はんにゃ *シード組(09準決)、
犬の心 *08準決、
少年少女、ロシアンモンキー、えんにち、パンサー、初恋タロー、ブロードキャスト

<3回戦東京2日目8/13吉本落選 16組>
ペナルティ *シード組(08-09準決)、フルーツポンチ *シード組(09準決)、ニブンノゴ! *シード組(08-09準決)、
東京ダイナマイト *08準決、2丁拳銃 *08準決、
ガリットチュウ、御茶ノ水男子、LLR、イシバシハザマ、レイザーラモン、インポッシブル、Bコース、シソンヌ、爆笑コメディアンズ、ふくろとじ、アロハ

ザ・パンチ、ハイキングウォーキング、はんにゃ、
ペナルティ、フルーツポンチ、ニブンノゴ!ら
シード組が結構落ちてますね。
特にハイウォーはんにゃフルポンは意外とも言える結果。
フルポンが落ちた様子は目撃したわけですが、つまり
KOCでは順番の不運は知名度や実績でカバーされない様子。

その他、コント師では少年少女、レイザーラモン、
ガリットチュウ、インポッシブル、アロハ、犬の心、
パンサー、シソンヌ、爆笑コメディアンズが落ちる。
でもやはり、まだ芸歴・結成年が若いところや
明らかに賞レース向きじゃないところが多いですね。
でもレイザーラモン、ガリチュウ、インポシは
賞レースうんぬんを抜きにすりゃバカやってて楽しかったですよ。

 

□他事務所落選者 33組

<3回戦東京1日目8/12他事務所落選 16組>
エネルギー(浅井企画)*シード組(09準決)、カレー(トゥインクル)*シード組(09準決)
イシクラノオノ(人力舎)、がっつきたいか(SMA)、GDP(ワタナベエンターテインメント)、モダンタイムス(SMA)、すっぽん大学(トップ・カラー)、パンダユナイテッド(ワタナベエンターテインメント)、矢じるし(ケイダッシュステージ)、西村深村(ワタナベエンターテインメント)、響(SMA)、ツインズ(松竹芸能)、ダブルネーム(トップ・カラー)、夜ふかしの会(フリー)、おぼん・こぼん(トービック)、ウイングマン(フリー?・ワタナベ系)

<3回戦東京2日目8/13他事務所落選 17組>
クララ(SMA)*シード組(09準決)「ゼミナールキッチン」から改名、
フォーリンラブ(ワタナベエンターテインメント)*08準決、ホーム・チーム(マセキ芸能社)*08準決、
風藤松原(太田プロ)、スパローズ(浅井企画)、スナッチ(フリー?・ワタナベ系)、ジグザグジギー(マセキ芸能社)、オテンキ(SMA)、アンバランス(ぱれっと)、新橋コインロッカーズ(ワタナベエンターテインメント)、ラブレターズ(ASH&Dコーポレーション)、ダブルブッキング(ホリプロコム)、エルシャラカーニ(サンミュージック)、グランパショップ(プロデューサーハウスあ・うん)、マッサジル(SMA)、ピーナッツパン(人力舎)、ラヴドライブ(アミー・パーク)

一方、他事務所勢では落選しているシード組は
エネルギー、カレー、クララの3組と少なめ。
他、有名所では響、ダブルネーム、フォーリンラブ、
オテンキ、ダブルブッキングらが落選。
おぼん・こぼん師匠もここで落ちる…
こことカレーはちょっと観たかったなぁw

マイナーどころがボコボコ落とされてるわけですが、
少なくとも2日目に関しては、受かってもいいと思った無名組が
数組いたと感じました。
具体的に特に名前を挙げるなら、ラブレターズ、ジグザグジギー。
他、スパローズ、グランパショップも受かるかどうかはともかく
見所多いネタをしてました。
もちろん個人的好みが多分に入ってますが。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)