カテゴリー「R-1ぐらんぷり」の2件の記事

2010/03/12

[R-1]R-1ぐらんぷり2010サバイバルステージ&決勝終了

マジで月刊ブログになってまいりました。お久しぶりの更新です。
本当に今更ですが、R-1サバイバルと決勝をざっと振り返り。

まずサバイバルについて。

<サバイバルステージ・出番順>
1. ユリオカ超特Q 漫談「ハゲ漫談 美容室〜毛髪鑑定」→5位 360点
2. 今泉 キャラ漫談「言ってみてぇ〜」→9位 170点
3. ナオユキ 漫談「ボヤキ漫談 酒の席での会話」→10位 130点
4. ゆってぃ キャラ漫談「ちっちゃいことは気にしない」→6位 250点
5. 中山功太 一人コント「カメラマン」→8位 180点
6. COWCOW山田與志 リズム・フリップ「DJボブ」→1位 1110点
7. 田上よしえ フリップ・ショートコント「正しい日本語講座」→3位 490点
8. 友近 一人コント・歌「ヨガ教室」→2位 730点
9. アナログタロウ 歌・ショートコント「どうでもいい情報を教えてくれる80年代の歌番組」→4位 370点
10. もう中学生 段ボールコント「コント・アサリ」→7位 190点

サバイバルでは審査発表7位で落ちたもう中学生が
「ラリホー」と呟いたのが一番笑いましたw
客を眠らせにかかるw

内容については、事前に予想すべきだったかもしれませんが、
序盤1〜3番に自虐系漫談やローテンション漫談が3つ続いたのは
本人らにとっても番組上もプラスでなかった気がしました。
その分「わかちこ!」の声を合わせる一部のお客さんw

トップはノリのいいネタで会場を大いに盛り上げた
COWCOW山田與志がダントツで通過。
お客さんの審査は全体的にレッカペ芸へのマイナス点は目立つものの、
「会場で見てる人」の審査として大体納得です。
個人的には田上よしえが地味に3位と健闘してくれたのは
喜ばしかったです。

ただ、笑いどころとしては前述のもう中の下りもそうですけど、
みんないろいろやってた結果発表の場のが見所だったかな。
中山功太の「チェー!!!去年優勝したのにチェー!!」w

そんなわけでサバイバルから送り出されたCOWCOW山田與志を
トップバッターに据えて、本戦。

<決勝・出番順>
1. COWCOW山田與志 リズム・フリップ 「DJボブ」→9位 627点
2. バカリズム 一人コント・フリップ「正義感の強い男」→7位630 点
3. いとうあさこ キャラ漫談「朝倉南39歳」→5位 641点
4. グラップラーたかし ものまね・フリップ「ものまね紙芝居 あごずぎん」→6位 639点
5. 麒麟・川島明 「いい声で言おう」→4位 645点
6. 我人祥太 フリップ 「憂」→9位 628点
7. なだぎ武 一人コント 「暴走族」→暫定1位 661点
8. エハラマサヒロ 一人コント・ダンス 「めっちゃ鬱陶しい学習塾の先生」→暫定3位 655点
9. あべこうじ 漫談「言い方一つがドラマが変わる」→暫定2位 658点

<決勝・ファイナルステージ>
1. エハラマサヒロ 一人コント・ダンス 「成長早すぎて鬱陶しい赤ちゃん」→準優勝 1票
2. あべこうじ 漫談 「ドレミの歌」→優勝 6票
3. なだぎ武 一人コント「ドラえもんの目覚まし時計」→3位 0票

まず結果について。
もうとりあえず、あべこうじ優勝おめでとう!
ピンの漫談師が優勝してくれたことは個人的には非常に喜ばしい結果。
欲を言えばこれでM-1効果ほどではないにしろ、じわじわと
多少の露出が増えていったらいいですね。
ここまでルールを改正してきてなおR-1優勝効果というものが全くないのなら、
「マトモな賞レース」に舵を切り直してきた意義もゼロ。

本命バカリズムに関しては、これもう完全に邪推ですけど、
勝つ気が全くなかったわけではないと思いますが、前年度のこともあって
「敢えて」自分の今一番やりたいネタを優先させたように感じました。
それで評価されてもされなくてもどちらに転んでもいいっていう
スタンスだったんじゃないかと。

注目してた我人祥太は、1個目に「バイキング(別腹)」を持ってくるという暴挙w
さらに「北からの発射物であった……」を盛り込んだあとに
後半にどう見ても1個目に持ってくるべきネタ「お弁当(人生のピーク)」という
よくわからない構成w
これをただ何も考えずにやってるのか、一番最初に
インパクト見せたくて計算でやってるのかが読めないな。
さらに北朝鮮ネタを勝つ気でやってるのか、これまた印象残せればいいやで
やってるのかどうかも読めない……さすがにこれで勝つつもりじゃないよな?w
まぁお笑いファンに向けて印象残すのが目的なんだったら
ネット見る限りは成功したと言えましょうw

山田與志はサバイバルでかけたネタをマイナーチェンジバージョンで再び。
3年連続トップバッターが最下位に沈む結果に。
いやーでもこれに関してはちょっと、結果うんぬんはともかく
ピン芸人のことを考えるともうちょっと真剣にやってほしかったなってのは。
2日前にほぼ同じネタを全国放送で流してるわけですから。
前年のサバイバルステージ進出者(夙川、どきキャン岸)は
別のネタを用意していましたしね。
でももんたよしのりで仕事してくれたのはよかったw


結論を書くと、あべこうじの優勝はピンネタの賞レースである以上喜ばしいし、
本人の涙も感動的でした。
が、ネタ番組として見ると、サバイバルも決勝戦のいずれも
残念ながら前回大会のレベルに及んでいなかったと思います。
前回大会は審査のハチャメチャ具合が目立ってはいましたが、
十分ハイレベルなネタを披露する番組になっていたように思います。
これがたまたまなら仕方ないですけど、もし前回の審査の影響での
レベル低下なら残念だなぁ。

M-1ほどの物語性は期待されていない分、R-1は
「おもしろい番組」か、「ハイレベルな賞レース」のどちらかとして
成立するしかない、この2択だと思うんですよね。
ところが今回、審査形式も審査員もある程度体裁整えてきた分、
今後は「ハイレベルな賞レース」として成立する道しかなくなってきたような……。
個人的には、M-1やKOCと比較したときのR-1の個性って、
賞レースっぽくない「ゆるさ」だと思ってたんですが、
今後は自らその個性を捨て去ってく方向に行ってしまうかもしれません。
審査制度をガッチリ固めちゃった以上、前回のような賞レースを放棄した
「ゆるおもしろい番組」としての成立は望み薄ですからね。
そうなると、「ハイレベルな賞レース」として成立しなければいけないのに、
バカリズムは卒業を表明するし……。
今後R-1という賞レースは、一定程度売れてるピン芸人にも
参加するモチベーションを与えられるのでしょうか。

優勝後のあべこうじの発言からも窺えるように、そもそも
ピン芸人にとっては芸歴無制限ってしんどすぎる。
芸歴は関係なくてもいいからせめてR-1に初エントリーした年から10年、
あるいは初エントリーから10回のように、期限か回数を
定めてやればいいのにとは思います。
それか、非ピン芸人はエントリーできないようにするか。

ちなみに、もう一つ今後のR-1にとって必須になるのが、
「優勝者が売れる」ことですよね。去年の優勝者中山功太が
myzoのロングインタビュー#2で述べていたところによると、
大阪で司会番組をやっていてスケジュールが埋まっているという以前に、
そもそもオファーが来てないそうです。
いわく、どんなことをやれるのかがテレビ局もわからないし、
自分でもわからないと。
このオファーの少なさは、中山功太自身に原因があるというよりも
去年の審査に問題があり、その審査で選ばれた優勝者に業界側が
魅力を感じなかったとみるのが自然でしょう。
実際、去年全国区で中山功太を見たのはエンタと、
あべこうじ・エハラマサヒロとのセットで呼ばれた
『さんまのまんま』くらいしか記憶に残ってません。
しかも確かエハラマサヒロの方が『新春さんまのまんま』の
ナレーションに選ばれてた……w
あ、あとある意味結果残してた『人志松本の○○な話』もあったなw
中山功太に関しては、R-1前記事でも予告しましたが、また別の記事でも
改めて触れます。

R-1にはM-1ほどの物語性は期待されてないと書きましたが、
やっぱり「成功物語」の要素は多少必要で、優勝者が最低限、
一定の露出は増えないと賞レースとしての威厳にも関わってきます。

今後、審査制度をある程度整備してしまったR-1が
一定の成功をおさめるためには、
1.優勝者が最低限は売れて賞レースとしての面目を保つこと
2.ピンネタの賞レースとしてのレベルを維持し、ある程度売れてる芸人にも
参加のモチベーションを与えられること
この2つが最低限必要になると思います。
でなきゃ、審査方法戻して堺正章をまた呼ぶしかないw
いずれにせよ、あべこうじにはトーク番組中心にじわじわ
売れてってほしいですね。結構厳しい道のりとは思いますが。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

[R-1]R-1ぐらんぷり2010ファイナリスト&サバイバル進出者決定

R-1、進出者決定の前にちょっと記事書こうかと   
思ってたんですが、もう決まって一夜あけてしまいましたね。    
ここ最近更新のタイミングを外してしまって    
相当前記事から間が開きましたが、とりあえず自分用にまとめ。    
ナタリーの記事リンク:   
ファイナリスト決定東京準決勝レポ大阪準決勝レポ記者会見   
以下がファイナリスト、サバイバル進出者の出演順。

<ファイナリスト>
1. 敗者復活戦勝者      
2. バカリズム(マセキ芸能社/決勝4回目)*準決大阪      
3. いとうあさこ(マセキ芸能社/初決勝進出)      
4. グラップラーたかし(トップ・カラー/初決勝進出)      
5. 麒麟・川島明(東京吉本/初決勝進出)      
6. 我人祥太(ワタナベエンターテインメント/初決勝進出)      
7. なだぎ武(東京吉本/決勝3回目)*準決大阪      
8. エハラマサヒロ(東京吉本/決勝2回目)      
9. あべこうじ(東京吉本/決勝6回目)

<サバイバルステージ進出者>      
1. ユリオカ超特Q(トップ・カラー/サバイバル・決勝ともに初)      
2. 今泉(ワタナベエンターテインメント/サバイバル・決勝ともに初)      
3. ナオユキ(松竹芸能/サバイバル2回目)*準決大阪      
4. ゆってぃ(プロダクション人力舎/サバイバル・決勝ともに初)      
5. 中山功太(大阪吉本/決勝4回、サバイバル初)*準決大阪      
6. COWCOW山田與志(東京吉本/決勝2回、サバイバル初)      
7. 田上よしえ(プロダクション人力舎/サバイバル・決勝ともに初)      
8. 友近(東京吉本/決勝5回、サバイバル2回目)      
9. アナログタロウ(フリー/サバイバル・決勝ともに初)      
10. もう中学生(東京吉本/サバイバル2回目)

         

まずR-1に関しては、例年の雰囲気に加えて去年の審査もあったりで   
あまり真面目な賞レースとして見るモチベーションは働かないのですが、    
本業がネタのピン芸人がどこまで結果を出せるのかには興味あります。    
なのでできれば、そういう芸人を    
全国ネットに出す場であってほしい気持ちはありますが、    
賞レースとして大きな期待は抱いていません。   
が、さすがに今年から決勝審査がM-1方式の2本ネタ披露になって   
少し風向きは変わってるかな。     
 
――という立場から見ると、オンバトの視聴者投票で上げられて    
最近はエンタにも出てた我人祥太が決勝出場は喜ばしい。    
反面、一度ライブで観たことのある田上よしえ、    
評価されにくい芸風だが自虐芸としては相当の質だと思っている    
ゆってぃはストレートに本戦で見たかった気もちょっと。    
まあゆってぃはサバイバルの賑やかしでも十分だけどw

前回チャンピオン中山功太はサバイバル行きですか。 
ナタリーの準決勝レポによると、自分のドギツさを
前面に出したネタをやったようで。
本当はこの記事の前に、ちょっと中山功太について触れた記事を
アップしようと思ってたんですが、多少記事内容を変える必要が出てくるかな。

バカリズムの順番が悪いのはやや懸念材料。
麒麟・川島のネタも準決勝の評判を聞く限り楽しみではある。
あまり大きな結果は求めてないですが。

グラップラーたかしは聞いたことあるんですけど
ネタは見たことないかな。
アナログタロウは『細かすぎる~』に出て、
最近はエンタにもちらっと出てたので把握。
もう中学生、ナオユキは前回に続き2回目のサバイバル。

何にせよサバイバル、本戦ともに楽しみです。

        

落選組は以下。まず吉本勢。
-------------
2010/02/14 21:30追記
すいません、下の吉本落選組の一覧が消えていたので
記事をアップし直しました。
表の崩れなどを直してる間にミスってしまったようです…失礼しました。
-------------

<東京準決勝・吉本落選 9名>
井上マー、くまだまさし、庄司智春、鈴木つかさ(大阪所属)、天津木村、天津向、徳井義実、はいじぃ、渡辺直美
<大阪準決勝・吉本落選 17名>
浅越ゴエ(ザ・プラン9)、いがわゆり蚊、おいでやす小田、プラスマイナス・兼光貴史、ガリガリガリクソン、川原克己、桜・稲垣早希、シャンプーハットこいちゃん、すっちー、代打屋中川、COWCOW・多田健二(東京所属)、ちゃらんぽらん冨好、テンダラー浜本広晃、土肥ポン太、中川どっぺる(福岡吉本)、ハロー植田、ヤナギブソン(ザ・プラン9)

ピンでは有名所だとくまだ、渡辺直美、   
一段階下の知名度ではガリクソン、いがわゆり蚊が落選。    
鈴木つかさは東京で受けてましたか。    
個人的に賞レースで注目したくなる吉本ピン芸人は    
だいたい今回決勝かサバイバルに進んでる感じですね。    
何となく、サバイバル進出のもう中とくまだは2択だったんだろうなとw

コンビ芸人では有名所だとチュート徳井、天津の2人、庄司、ゴエ、   
大阪ではプラマイ兼光、天竺鼠川原、シャンプーハット小出水、    
ヤナギブソンなど。 

大阪のおいでやす小田は初めて名前聞くな。   
桜・稲垣、テンダラー浜本、ヤナギブソンのピンネタは見たことないですね。

        

非吉本での落選組は以下。  

<東京準決勝・非吉本落選 19名>      
赤いプルトニウム(太田プロ)、スピードワゴン・井戸田潤(ホリプロコム)、パルフェ・岩間よいこ(フリー)、ウクレレえいじ(WAHAHA本舗)、夜ふかしの会・大重わたる(フリー)、岸学(ケイダッシュ)、キャプテン渡辺(SMA)、こばやしけん太(マセキ芸能社)、ゴンゾー(ビッグワールド)、サイクロンZ(太田プロ)、夙川アトム(ASH&D)、タッツィー(オフィス怪人社)、DJきーぽん(フリー)、鳥居みゆき(サンミュージック)、長江もみ(松竹芸能 東京)、長浜之人(ヴィジョン・ファクトリー)、にしおかすみこ(ワタナベエンターテインメント)、メンソールライト(太田プロダクション)、やまもとまさみ(マセキ芸能社)      
<大阪準決勝・非吉本落選 6名>      
安心のカマグチ(アマチュア)、かみじょうたけし(松竹芸能 大阪)、こうたろうくん(松竹芸能 大阪)、代走みつくに(松竹芸能 大阪)、ヒューマン中村(アマチュア)、南野やじ(プライム)

まず鳥居、夙川がここで落ちる。
鳥居に関しては、漫談師のネタをやったならこの処置も仕方ないかなと。    
あのネタをかけたのは狂気キャライメージへの抵抗なんだろうか。    
というか、本筋の芸風をまさこでやってくのは変わりないでしょうけど、    
芸人として他の仕事も見せたい、といったことなのか。    
鳥居の真意を考えようとすると確実に迷路に入るのでこの辺でやめときますw    
夙川は業界人以外のネタを模索して芸幅を広げている段階のようだから    
これも仕方ないかなとは。

他に一定の露出あるピン芸人では、やまもとまさみ、サイクロンZ、
メンソールライト、かみじょうたけし、にしおか、ゴンゾーらも。
メンソールライトは一人コント師というよりか漫談師の腕としては
そろそろサバイバルに拾われてもおかしくなさそうですけどね。
他の非吉本は結構名前初めて見る人も多いな。

コンビ芸人だとどきキャン岸、キャン×キャン長浜などが落ちる。
スピワ井戸田はちょっと前にライブでハンバーグ師匠を観たときは
楽しかったと同時に、R-1の3回戦で華々しく散ってほしい出来だなと
思ってましたが、準決勝行ってたんすねw
てかそりゃR-1では準決行くかw

 

おまけ。表と数字でみるR-1ぐらんぷり準決勝データ。 
パッと見の印象は、大阪から吉本を計2名しか持ってこないこと、    
非吉本を大阪と東京からほぼ同じ倍率でとることで    
吉本と非吉本のバランスをとった感じですかね。

◆会場別の決勝・サバイバル進出者数

  東京 大阪
決勝 6 2 8
サバイバル 8 2 10
落選 28 23 51
42 27 69

・東京
決勝進出6名(+サバイバル8名×1/10)/東京準決勝42名 ※6.2倍
・大阪
決勝進出2名(+サバイバル2名×1/10)/大阪準決勝27名 ※12.3倍

◆吉本/非吉本別の決勝・サバイバル進出者数

  吉本 非吉本
決勝 4 4 8
サバイバル 4 6 10
落選 26 25 51
34 35 69

・吉本
決勝進出者4名(+サバイバル4名×1/10)/準決勝吉本34名 ※7.7倍
・非吉本
決勝進出者4名(+サバイバル6名×1/10)/準決勝非吉本35名 ※7.6倍

◆会場×吉本/非吉本の決勝・サバイバル進出者数

  東京   大阪    
  吉本 非吉本 吉本 非吉本
決勝 3 3 1 1 8
サバイバル 3 5 1 1 10
落選 9 19 17 6 51
15 27 19 8 69

・東京準決勝吉本
決勝進出者3名(+サバイバル3名×1/10)/準決勝東京吉本15名 ※4.5倍
・東京準決勝非吉本
決勝進出者3名(+サバイバル5名×1/10)/準決勝吉本27名 ※7.7倍
・大阪準決勝吉本
決勝進出者1名(+サバイバル1名×1/10)/準決勝吉本19名 ※17.3倍
・大阪準決勝非吉本
決勝進出者1名(+サバイバル1名×1/10)/準決勝吉本8名 ※7.3倍

web拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)